Home 海外積立投資

海外積立投資

海外積立投資の中身の話をしましょう。

海外積立投資は決してハードルが高いものではありません。この投資をはじめるのは簡単です。時間を味方につけ、出来るだけリスクを抑えた投資手法ですから、若い時から開始すれば資産運用の大きな武器となります。何よりも自分の資産として後々大きく戻ってくる可能性が大きいのです。今回海外積立投資の中身について簡単にお話します。

海外積立投資は時間を味方につける海外投資!

海外積立投資をどのように考えているでしょうか。この投資方法は時間、投資対象、通貨を分散投資する非常に優れた資産運用方法です。短期間で大きく利益を出すものではないのですが、自分の資産を時間を掛けて育てていける方法です。市場の暴落などもそれにより防げる最善の方法でもあるのです。今回は改めて海外積立投資のメリットについて考えてみます。

積立投資の心構えとは?

積立投資を始めたはいいけれど、マイナスになってしまっている・・・特に昨年始めたばかりの人はそう感じているかもしれません。でも積立投資は中長期でみていく投資スタイル。今の状態でそれほど一喜一憂する必要はないのです。ここでは積立投資を始める際にどのような心の準備をしておけばいいのか・・・その話をしたいと思います。

2,000万円を貯めたければ株価が下落しても積立投資を継続すべし!Part2

積立投資はなぜ投資をする際に有効なのか?今回は具体的に数字を挙げながら、一括投資と比較して、積立投資がいかに下落局面で利点があるかを考えたいと思います。投資の基本は長期、分散です。ドルコスト平均法のメリットを最大限に活用して資産を増やすようにしましょう。

2,000万円を貯めたければ株価が下落しても積立投資を継続すべし!

40代からでも正しくお金を堅実に貯めていく方法があります。低金利の銀行預金では資産運用になりませんが、海外積立投資であれば資産運用としても非常に有効な手段なのです。またマーケットが下落状態でも強いのが大きな特徴。これまでも何度か話してきた海外積立投資。その有効性について解説します。

長期投資は怖い?でもこちらのほうが・・・

中長期で考えるのが投資、資産運用の基本です。でも長期になると将来何があるか分からないから怖い・・・そういう人もいます。でも本当にそうでしょうか?ここでは身近にある住宅ローンと比較して、長期の投資でも、そのような心配があまり必要ないことを解説したいと思います。

下落相場の時だからこそ「ドルコスト平均法」

価格が安い時にファンドを多く購入するドルコスト平均法は、市場が低迷しているからこそ利益を出すチャンスが大きくなる投資方法。そのメリットを最大に活かしているのが積立投資。特に海外積立投資は、通貨も分散している投資なので、資産運用の点からも最適です。海外積立投資のメリットをまとめてみました。

株価下落の時こそチャンス 海外積立投資

株価下落時は積立投資のメリット「ドルコスト平均法」を最大限に生かすことが出来ます。海外積立投資は投資初心者、投資を初めてする人たちはもちろん、私たち一般投資家にとっても、安心できる投資方法です。

人生の3大イベントの1つ「老後の資金」を準備する。

老後の資金はいくら必要になるのか?早いうちから準備をすることが大切です。

20代から投資を始めるなら「コツコツ」積立投資を!

20代からコツコツ積立ながら投資をしていけば、少額から資産を作っていくことが出来るのです。それについて解説します。

海外投資ブログ - 最新情報

家計簿見直し講座って何をするの?

弊社では、毎月ママコンサルタントが家計簿の見直し講座を開催しています。そこでどんなことをアドバイスしているのか、ここで少しご紹介したいと思います。今回は、駐在員のご家庭。タイにいるときというより、帰国してからのやりくりについて不安があるようでしたので、帰国後の家計簿を拝見し、アドバイスを行いました。 Aさん 夫婦ともに30代、夫年収550万円、妻は専業主婦、娘1人(12歳)毎月の手取り収入 320,000円住宅ローン約60,000円、管理費・修繕費15,000円、食費約70,000円、光熱費約18,000円、通信費約14,000円、教育費約17,000円、保険料約33,000円、夫婦のおこづかい約35,000円、雑費40,000円、貯蓄15,000円 注目ポイントは、住宅ローンと修繕費用 弊社の家計簿見直し講座では、まず住宅ローンに注目します。通常、家計の出費の中で最も金額が高い項目だからです。住宅ローンがない方は、賃貸住宅の家賃の項目を見ます。住宅ローンでも、家賃でも、住宅にかかる費用は、手取り収入の3割以内に抑えるようにするのが鉄則。ローンの方は、もしも支払いが厳しくなり、支払期日を守れないと、遅延金が発生してしまいます。Aさんの場合、住宅ローンと修繕費用を足しても、手取り収入の3割以内に収まっているので、今のところ合格です。ただし、マンションの修繕費用は、入居時は低く設定されていても、マンションの築年数が長くなるにつれて、上昇していくことがよくあります。将来修繕費用が上がることを見据えて、その分収入を増やしていくことを考えておいた方が安心です。また、マンションの管理組合の資料は必ずチェックし、総会にも出席して、マンションにかかる費用とその見通しについて常にアンテナを立てておくようにしましょう。 教育費の計画を立てましょう Aさんの娘さんは現在12歳。来年からは中学生になられますね。日本では、児童手当が支給されます。得により上限があることもありますが、そういった制限がないご家庭の場合、0歳~3歳未満は1万5,000円、3歳~小学校終了までが1万円、中学生は1万円です。これをずっと貯金していれば、トータルで200万円になるんです。 まずこれを教育資金として貯金していくことをお勧めしています。通常、一番お金が必要といわれているのは大学入学時です。ですので、まずは児童手当を貯金し、次に不足部分をカバーするための学資保険やその他の投資方法を検討していきましょう。Aさんの場合、お子さんが私立の高校にいくのか、大学は私立なのか国公立なのか、それとも、高校はインターナショナルスクールに進学したいのか、大学は海外の大学に留学したいのかによって、準備しなければならないお金が大きく異なってきます。講座では、おひとりおひとりに対して細かいアドバイスはしきれないため、その後の個別相談で、お子さんの進学の希望をお伺いし、必要な資金を試算し、今から3年間でどうやって必要な資金を準備するのか、様々な資産運用商品をご提案し、どれを選べばいくら貯まるのかをシミュレーションしていきます。合わせて、投資方法や、メリット・デメリット、リスクなどを詳しくご説明するので、とても安心です。 食費は適正ですか? Aさんの場合、1か月の食費が家族三人で7万円となっています。総務省の統計によると、家族3人の平均の食費は約5万円となっています。もちろん、住んでいる場所や、食事に対する優先度(オーガニックなどのこだわり食材を使いたいとか、他をきりつめてでも、食事は豪華にしたいなど)もありますから、一概にはいえませんが、少し考えてみてもよいかもしれませんね。Aさんの場合は、現在のところ、ご主人の収入だけでやりくりできていますが、貯金が毎月15,000円というのも、もう少しあった方がよいかもしれません。可能であれば、手取り収入の10%を貯金できれば理想です。食費を見直してみて、5万円程度まで減らすことができれば、その2万円を貯金に回すことができ、そうすると大体手取りの10%程度貯金することができる、という計算になります。 いかがでしたか?たまにはこうやって、家計簿を作ってみて、プロの目線からアドバイスを受けるのも良いと思いませんか?家計簿のフォーマットはこちらで用意しているので、後は大体の金額を書くだけでOKです。是非一度、お気軽にご参加ください!お待ちしています。