Home 海外積立投資

海外積立投資

海外積立投資の中身の話をしましょう。

海外積立投資は決してハードルが高いものではありません。この投資をはじめるのは簡単です。時間を味方につけ、出来るだけリスクを抑えた投資手法ですから、若い時から開始すれば資産運用の大きな武器となります。何よりも自分の資産として後々大きく戻ってくる可能性が大きいのです。今回海外積立投資の中身について簡単にお話します。

海外積立投資は時間を味方につける海外投資!

海外積立投資をどのように考えているでしょうか。この投資方法は時間、投資対象、通貨を分散投資する非常に優れた資産運用方法です。短期間で大きく利益を出すものではないのですが、自分の資産を時間を掛けて育てていける方法です。市場の暴落などもそれにより防げる最善の方法でもあるのです。今回は改めて海外積立投資のメリットについて考えてみます。

積立投資の心構えとは?

積立投資を始めたはいいけれど、マイナスになってしまっている・・・特に昨年始めたばかりの人はそう感じているかもしれません。でも積立投資は中長期でみていく投資スタイル。今の状態でそれほど一喜一憂する必要はないのです。ここでは積立投資を始める際にどのような心の準備をしておけばいいのか・・・その話をしたいと思います。

2,000万円を貯めたければ株価が下落しても積立投資を継続すべし!Part2

積立投資はなぜ投資をする際に有効なのか?今回は具体的に数字を挙げながら、一括投資と比較して、積立投資がいかに下落局面で利点があるかを考えたいと思います。投資の基本は長期、分散です。ドルコスト平均法のメリットを最大限に活用して資産を増やすようにしましょう。

2,000万円を貯めたければ株価が下落しても積立投資を継続すべし!

40代からでも正しくお金を堅実に貯めていく方法があります。低金利の銀行預金では資産運用になりませんが、海外積立投資であれば資産運用としても非常に有効な手段なのです。またマーケットが下落状態でも強いのが大きな特徴。これまでも何度か話してきた海外積立投資。その有効性について解説します。

長期投資は怖い?でもこちらのほうが・・・

中長期で考えるのが投資、資産運用の基本です。でも長期になると将来何があるか分からないから怖い・・・そういう人もいます。でも本当にそうでしょうか?ここでは身近にある住宅ローンと比較して、長期の投資でも、そのような心配があまり必要ないことを解説したいと思います。

下落相場の時だからこそ「ドルコスト平均法」

価格が安い時にファンドを多く購入するドルコスト平均法は、市場が低迷しているからこそ利益を出すチャンスが大きくなる投資方法。そのメリットを最大に活かしているのが積立投資。特に海外積立投資は、通貨も分散している投資なので、資産運用の点からも最適です。海外積立投資のメリットをまとめてみました。

株価下落の時こそチャンス 海外積立投資

株価下落時は積立投資のメリット「ドルコスト平均法」を最大限に生かすことが出来ます。海外積立投資は投資初心者、投資を初めてする人たちはもちろん、私たち一般投資家にとっても、安心できる投資方法です。

人生の3大イベントの1つ「老後の資金」を準備する。

老後の資金はいくら必要になるのか?早いうちから準備をすることが大切です。

20代から投資を始めるなら「コツコツ」積立投資を!

20代からコツコツ積立ながら投資をしていけば、少額から資産を作っていくことが出来るのです。それについて解説します。

海外投資ブログ - 最新情報

同じ年収でも、単身年収と世帯年収で税金が違うってホント?

税金って、身近なようでなかなか難しくて、詳しく知らないなぁと思う方が多いのではないでしょうか。税金について、ものすごく詳しくなる必要はないにしても、基礎的なことを知っておくと、かなりの節税ができることがあります。 そう、節税は立派な節約。マイボトルを持ってスタバに行ったり、普段は第三のビールを飲んだり、電気をこまめに消したり・・・節約は、誰しもが気になることで、誰しもが、多かれ少なかれ、何かしらの節約をしているのではないかと思います。しかし、これらの節約は、一生懸命頑張っても、一回の節約につきせいぜい数十円の小さなもの。塵も積もれば山となるという言葉はありますが、節税の効果はときに何十万円も節約することができるため、塵も積もればをあっという間に抜き去る大きな節約となり得るものなんです。 年収900万円と、世帯年収900万円の税負担 年収900万円の夫と専業主婦で収入ゼロの妻の世帯と、夫婦共働きで、二人の収入の合計が900万円の家庭があるとします。いずれも世帯年収は900万円で同じですね。世帯全体の収入は同じ900万円であっても、税負担が異なるってご存じでしたか? 年収900万円と、世帯年収900万円、両者の税負担について、簡単に比較してみましょう。 リクナビNEXTによると、年収900万円(賞与なし、1ヶ月の給与の総支給額75万円)の人の主な税金の負担(健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険、所得税、住民税)は、1ヶ月当たりで大体19万円となっています。年間だと大体230万円くらい負担していることになります。 世帯年収900万円だとどうなるのか? 年収500万円の夫(賞与なし、1ヶ月の給与の総支給額42万円)、年収400万円の妻(賞与なし、1ヶ月の給与の総支給額33万円)の共働き夫婦の世帯年収900万円の世帯では、1ヶ月当たりの税金の負担は、夫婦で1ヶ月約15万円、年間では約180万円の税負担となります。 どうでしょう?同じ900万円の世帯年収でも、税金が約50万円も違っています。年間50万円を節約しようとしたら・・・マイボトル持参でコーヒーを買うと20円引きになるコーヒーショップに通ったとして、コーヒーを25,000杯買うとやっと50万円の節約になります。 なぜこんなに違うのか? 世帯全体では同じ年収なのに、税金の額が50万円も違うのはなぜなのでしょうか。理由の1つを挙げるとするなら、控除があります。 本人の所得に応じて最大48万円の控除が受けられる基礎控除や、給与収入に応じて受けられる給与所得控除など、税金を計算するに当たっては数々の控除が適用されます。単身で稼ぐとその控除が1人分しか受けられませんが、夫婦共働きの場合は同じ収入でも2人分の控除の恩恵を受けられることになります。 そのため、同じ程度の年収だとしても1人で年収900万円を稼ぐより、夫婦で世帯年収900万円の方が税金の負担額が少なく、手取額の割合が大きくなるのです。 さらに、日本は累進課税制度を取っていて、年収の高い人からより多く税金を取ろうという制度になっています。なので、単身で900万円を稼ぐ人は、高い税率が適用され、その分手取りが少なくなってしまうということになります。 税金から考える働き方改革というのもアリかも 家計全体の収入は同じでも、単身で稼ぐよりも、夫婦共働きの方が、控除や累進課税制度の恩恵をより多く受けることができ、世帯全体の税負担を小さくすることができるということがおわかりいただけたと思います。世帯全体で、具体的には夫婦二人でということが多いのだと思いますが、二人で所得を分散させると、メリットが大きい場合もあります。また、所得の分散はリスクの分散にもつながります。夫婦共働きなら、どちらか片方に万が一のことがあっても全ての収入が途絶えることにはなりません。 いま、女性が働くことが当たり前の時代になってきました。政府も、女性が輝く社会と謳い、女性の社会進出を促すようなt取組を促しています。 夫婦の働き方については税制面からも考えてみると、より負担が小さく、かつ、それぞれの家庭に見合った働き方を見つけられるかもしれません。 とはいえ、税金ってやっぱり難しい!と思う方、多いと思います。弊社には、日本、タイいずれの税制にも詳しいコンサルタントがいますので、是非一度お気軽にお問合せください。初回コンサルティングは無料となっています。