Home 海外積立投資

海外積立投資

海外積立投資の中身の話をしましょう。

海外積立投資は決してハードルが高いものではありません。この投資をはじめるのは簡単です。時間を味方につけ、出来るだけリスクを抑えた投資手法ですから、若い時から開始すれば資産運用の大きな武器となります。何よりも自分の資産として後々大きく戻ってくる可能性が大きいのです。今回海外積立投資の中身について簡単にお話します。

海外積立投資は時間を味方につける海外投資!

海外積立投資をどのように考えているでしょうか。この投資方法は時間、投資対象、通貨を分散投資する非常に優れた資産運用方法です。短期間で大きく利益を出すものではないのですが、自分の資産を時間を掛けて育てていける方法です。市場の暴落などもそれにより防げる最善の方法でもあるのです。今回は改めて海外積立投資のメリットについて考えてみます。

積立投資の心構えとは?

積立投資を始めたはいいけれど、マイナスになってしまっている・・・特に昨年始めたばかりの人はそう感じているかもしれません。でも積立投資は中長期でみていく投資スタイル。今の状態でそれほど一喜一憂する必要はないのです。ここでは積立投資を始める際にどのような心の準備をしておけばいいのか・・・その話をしたいと思います。

2,000万円を貯めたければ株価が下落しても積立投資を継続すべし!Part2

積立投資はなぜ投資をする際に有効なのか?今回は具体的に数字を挙げながら、一括投資と比較して、積立投資がいかに下落局面で利点があるかを考えたいと思います。投資の基本は長期、分散です。ドルコスト平均法のメリットを最大限に活用して資産を増やすようにしましょう。

2,000万円を貯めたければ株価が下落しても積立投資を継続すべし!

40代からでも正しくお金を堅実に貯めていく方法があります。低金利の銀行預金では資産運用になりませんが、海外積立投資であれば資産運用としても非常に有効な手段なのです。またマーケットが下落状態でも強いのが大きな特徴。これまでも何度か話してきた海外積立投資。その有効性について解説します。

長期投資は怖い?でもこちらのほうが・・・

中長期で考えるのが投資、資産運用の基本です。でも長期になると将来何があるか分からないから怖い・・・そういう人もいます。でも本当にそうでしょうか?ここでは身近にある住宅ローンと比較して、長期の投資でも、そのような心配があまり必要ないことを解説したいと思います。

下落相場の時だからこそ「ドルコスト平均法」

価格が安い時にファンドを多く購入するドルコスト平均法は、市場が低迷しているからこそ利益を出すチャンスが大きくなる投資方法。そのメリットを最大に活かしているのが積立投資。特に海外積立投資は、通貨も分散している投資なので、資産運用の点からも最適です。海外積立投資のメリットをまとめてみました。

株価下落の時こそチャンス 海外積立投資

株価下落時は積立投資のメリット「ドルコスト平均法」を最大限に生かすことが出来ます。海外積立投資は投資初心者、投資を初めてする人たちはもちろん、私たち一般投資家にとっても、安心できる投資方法です。

人生の3大イベントの1つ「老後の資金」を準備する。

老後の資金はいくら必要になるのか?早いうちから準備をすることが大切です。

20代から投資を始めるなら「コツコツ」積立投資を!

20代からコツコツ積立ながら投資をしていけば、少額から資産を作っていくことが出来るのです。それについて解説します。

海外投資ブログ - 最新情報

本当におカネを貯めたい人がやらなければならないこと

私がバンコクの情報誌DACOに連載を始めて、早いもので4年半が過ぎ、66もの記事を掲載してきました。始めた頃は、こんなに長く続くとは思っていませんでした。今は、100回を目標にしています。塵も積もれば山となる。日本人は、これを子供のころから言い聞かせられ、コツコツと努力する国民性です。小さな行動の積み重ねが大きな成果という意味ですが、投資も、これと同じことがあてはまります。 本当におカネを貯めたいなら、おカネをコントロールすること 塵も積もれば山となる、のことわざの通り、今日500円を貯金箱に入れ、また次の日は500円節約したとします。たった500円を貯めたり節約してもあまり意味がないと思うかもしれませんが、これはこれで、長く続ければ、お金はそれだけ貯まってはいきます。しかし、重要なのはそこではありません。500円をコツコツと貯め、それが5万円、10万円と貯まっていったとき、あなたはおそらく、自分でお金をコントロールしているという感覚を持ち始めるでしょう。この行動で、いくら節約できる、これをすることで、いくら貯めることができる、と考えて、行動を選択する、という感覚です。実は、それこそが資産運用において最も重要なことなのです。 選択を、意義あることに結び付けることで、動機になる 次に大切なことは、今しようとしている選択と、何か大きなものをリンクさせることです。そうすれば、何かを成し遂げるのがずっと容易になります。例えば、500円貯金をして、海外旅行に行くとか、将来自分のお店を持つための開業資金にするとか、そういった自分へのご褒美にもなるような目標や意義あることに結び付けることで、大きなモチベーションになります。例え小さな目標であっても、自分で決めた目標を達成できたら、それは立派に資産運用ができたということになります。このように自信がついたり、やり方がわかれば、次の目標を設定することができるようになります。大きな目標があれば、長期的にもモチベーションを維持することができますよね。 おカネを貯めることができない人は、どこかで自分のおカネを誰か他人のもののように感じていたり、自分の将来を、誰かほかの人のもののように感じていることが多かったりします。自分の将来は、自分だけのものですよね。でも、分かっていない人には、何度話してもわからないものです。まずは、小さなことから始めてみましょう。自分は大丈夫と思っていても、実際始めてみたら、私の言っていることが理解できるかもしれません。