オフショア投資・海外投資ならメイヤーへ

メイヤー・インターナショナルは、英国ロンドンISDX証券取引所に上場するAsia Wealth Group Holdings Ltd. の子会社で、海外投資を専門とした独立系国際ファイナンシャル・コンサルティング会社です。国際基準のコーポレート・ガバナンス、コンプライアンスを遵守 し、オフショア地域を中心とした投資信託、 ヘッジファンドミューチュアル・ファンドコモディティファンド、 不動産投資信託(REIT:リート)プライベートバンクPPB(ポートフォリオボンド)、 などといった幅広い選択肢から、最適なプランをお客様へ提供します。当社は、いかなる運用会社、保 険会社とも資本関係はありません。そうした中立の立場から、従来の金融機関には困難であった客観的分析に基づく、顧客の立場に立った公平な商品選択が可能 になりました。また、投資環境の変化に応じた情報提供等のきめ細やかなアフターフォローも行えるのです。当社は、強固な財政基盤を保つ上場会社の一員であ るという強みを活かし、絶対的な情報量とネットワークを構築しており、皆様への最新情報の提供を常に心掛けています。

メイヤー・インターナショナルでは、6つのSTEPを通じて投資家サイドに立ったオフショア投資のプランニングから成果獲得まで一貫したサポートを行います。

オフショア金融商品

オフショア地域は、 “タックス・ヘイブン“(税制優遇国)と呼ばれ、産業・天然資源にも恵まれない小国・離島が産業を引き留め、海外 投資を誘致する為、金融に対し合法的税制優遇を設置した“金融特別区”を指します。

その代表としては、チャンネル諸島や、ケイマン諸島等が挙げられます。 世界中の金融機関や優秀なファンド・マネージャーが、金融優遇措置を受け、運用の自由を確保するために、オフショア(タックス・へイヴン地域)へ向かい、 ファンド等、金融商品を設立しているため、ここには、世界最先端の金融商品が集まっています。

直接、海外投資をするということ

オフショアには、年間、数万数のファンドが誕生すると言われておりますが、運用会社、ファンド・マネージャーの信頼性、経歴、実績、運用資産規模、運用手法、投資対象は、ファンドにより千差万別です。

オフショア地域を見渡すと、これまで個人投資家が普段目にする機会が少なかった手法で運用される商品が多く存在します。絶対的収益を追求するヘッジファンド がその代表例です。規制の少ないオフショア地域に登録されたこれらファンドは、設立、運営 コストを低く抑えることで投資家により多くのリターンをもたらすことができ、株式市場などとの相関性を低く抑えたオルタナティブ投資と呼ばれる運用商品が 世界中の投資家から高い評価を受けています。

自分のファイナンシャル・コンサルタントを持つということ

欧米では3つの健康があると言われております。それは身体的・精神的・財政的健康です。医師、カウンセラー、ファイナンシャル・コンサルタントがそれぞれを受け持ち、自分に合ったプロフェッショナルに相談することが、欧米では一般的になっております。

メイヤー・インターナショナルでは、この財政面においてのドクターの役割をさせていただきます。当社コンサルタントは、内外の金融機関勤務経験を持つオフショア・海外投資に精通したバイリンガルの日本人コンサルタントです。
お付き合いは、ご投資家のニーズ、現状、ご希望をじっくりとヒアリングさせていただくところから始まります。

積立投資

値段が変動する商品で利益をあげるためには、「安いときに買って、高いときに売る」というのが基本です。

コモディティ ファンド

オフショア地域を見渡すと、これまで個人投資家が普段目にする機会が少なかった手法で運用される商品が多く存在します。

ヘッジファンド

米国で生まれた投資信託の一種です。私募形式なのでファンドマネージャーは自由に投資できることを武器に、大胆な運用を行っ…