海外投資・オフショア投資 資産運用のご相談はメイヤーへ

メイヤー・インターナショナル 海外投資を専門とした独立系国際ファイナンシャル・コンサルティング会社です。オフショア地域を中心とした投資信託、ヘッジファンド、ミューチュアル・ファンド、コモディティファンド、 不動産投資信託(REIT:リート)、プライベートバンク、PPB(ポートフォリオボンド)など幅広い選択肢から、国際基準のコーポレートガバナンスを遵守した最適なプランをお客様へ提供します。

メイヤー・インターナショナルサービス

メイヤー・インターナショナルの持つネットワークと情報を駆使してお客様それぞれに合った金融サービスを、提供いたします。

メイヤー国際活動

資産運用のご相談はお気軽に

資産運用のことなら、どんなご質問にもお答え致します。お気軽にお問い合わせください。

日本人コンサルタントが常駐しております

お客様のご相談は、弊社に常駐の日本人スタッフが対応いたします。「投資を始めたいが、どうすればいいのか分からない」「資産運用について相談したい」「どんな投資商品があるのか」など、海外投資に興味がある方、オフショア投資をしてみたい方、資産運用の方法を知りたい方、どんなことでもお気軽にお問合せください。

海外投資・オフショア投資 ノウハウ集

新型コロナウイルスはブラックスワンなのか

私たちは通常、ある出来事について、なぜそれが起こったのか、についての理由を知りたいと思うものですよね。特に、新型コロナウイルス感染症のパンデミックのように、衝撃が大きなことが起きたときはなおさらです。起きた後で、「ああ、あの時のこれが予兆だったのか··」と思うことはあっても、誰もが見過ごすものです。

コロナのような不測の事態を乗り切る準備はできているか?

誰も予知できなかった新型コロナウイルス感染症。これからどうなるかさえ、誰も正確に予測 することはできないでしょう。経済や金融市場の混乱、私たちの日々の生活にも、大きな混乱 が続くでしょう。しかし、このような混乱の時代にあっても、私たちは生活を続けていかなけ ればなりません

投資戦略に重要なのは、「価値」なのか「成長」なのか

どんな投資であっても、投資にはリスクがつきものです。特に、現在のように経済が弱くなっているときはなおさらです。投資するなら誰しもが、自分の投資しているものが成長することを望むもの。では、投資戦略が正しいのか正しくないのかは、どのように判断すればよいのでしょうか。これには主に、「価値」に着目するものと「成長」に着目するものがあります。

メイヤー・インターナショナルの社長 リチャード・ケイン

カナダ出身。日本を含む、アジアで20年以上、金融コンサルティングに従事。

メイヤー・インターナショナルは、カンボジア児童基金をサポートしています

CSR活動の一環として、カンボジア児童基金をサポートし、世界で最も貧しく環境が劣悪なカンボジア・プノンペン郊外の埋め立て地で働く孤児や虐待を受けた子供達やその家族への、清潔な水や食べ物の提供、保健医療や教育、職業訓練、地域支援のサービスのお手伝いを行っております。