海外投資・オフショア投資 資産運用のご相談はメイヤーへ

メイヤー・インターナショナル 海外投資を専門とした独立系国際ファイナンシャル・コンサルティング会社です。オフショア地域を中心とした投資信託、ヘッジファンド、ミューチュアル・ファンド、コモディティファンド、 不動産投資信託(REIT:リート)、プライベートバンク、PPB(ポートフォリオボンド)など幅広い選択肢から、国際基準のコーポレートガバナンスを遵守した最適なプランをお客様へ提供します。

メイヤー・インターナショナルサービス

メイヤー・インターナショナルの持つネットワークと情報を駆使してお客様それぞれに合った金融サービスを、提供いたします。

メイヤー国際活動

資産運用のご相談はお気軽に

資産運用のことなら、どんなご質問にもお答え致します。お気軽にお問い合わせください。

日本人コンサルタントが常駐しております

お客様のご相談は、弊社に常駐の日本人スタッフが対応いたします。「投資を始めたいが、どうすればいいのか分からない」「資産運用について相談したい」「どんな投資商品があるのか」など、海外投資に興味がある方、オフショア投資をしてみたい方、資産運用の方法を知りたい方、どんなことでもお気軽にお問合せください。

海外投資・オフショア投資 ノウハウ集

貯蓄力アップの6月は、家計見直しのチャンス!

新型コロナウイルス感染症の世界的な蔓延で、旅行にも行けず、外食もできずのステイホームがもう1年以上も続いていますね。この新たなライフスタイル(嬉しかろうとなかろうと・・・)によって、かなりの貯金ができた人も多いのではないでしょうか。使い道がなくて貯まっちゃった、という方が正しいのかもしれませんが、家計という観点でいえば、貯金が増えたのは良いこと、としましょう。 さて、早6月も終わりに近づいてきました。6月は1年の折り返し地点ですね。一年の計は元旦にあり、とばかりにお正月に計画を立ててしっかりと実行している人も、計画が思うように進まない人も、何もしないまま半年が過ぎてしまった人も、この折り返し地点でもう一度、今年の家計を見直してみましょう。 6月は家計見直しのチャンス 入学や卒業などの行事が終わり、ゴールデンウイークも終わった6月は、大きなイベントもないために、大型出費がなく、また、ボーナスや夏休みを前に、家計見直しにとてもよい時期です。家計の見直しっていわれても・・・という方に、何をすればよいかのポイントをご紹介しましょう。 現在の貯金額を知る まず、現在の貯金額をチェックしましょう。コロナのステイホームで、なんとなく使っていないと思っていても、実際いくら貯まっているのか知らない人がいます。予想以上に貯まっているかもしれないし、思っていたほど貯まっていないかもしれません。まずは、しっかりと残高の確認をしましょう。そして、毎月いくらの出費があって、どんなものに使っていたのかを思い出してみましょう。家計簿をしっかりつけている人は、それを見直してみましょう。家計簿なんてつけてない・・という人でも大丈夫。1円単位で思い出す必要はありませんので、大体、どんなものにいくらくらい使っていたのかを思い出して書き出してみてください。思い出せないけど、お金がかなり減っていた・思っていたほど貯まっていなかったという人は、一番よくないタイプです。このタイプは、これからの半年間、自分が使うお金にもう少し注意を払いましょう。必要でもないのになんとなくネットショッピングでポチっとしたり、コンビニでお菓子やビールなどを買ったりしていませんか?ほしくないのに、必要ではないのになんとなく、ということがないよう心がけましょう。 目標を決める 次に、あと半年で、いくら貯めたいのかを決めましょう。予想以上にお金が貯まっていた人は、通常の年よりも多めに貯金額を設定してみてもよいかもしれませんね。または、夏休み・冬休みに使いたい!というのなら、それはそれで良いと思います。目標は多くても構いません。たくさんある人は、全て書き出し、次に、何のためにいくら必要なのかを考えてみましょう。そして優先順位を決めて、優先度の高いものから、早速実行していきます。 投資額や貯蓄額を考える これからも毎月コツコツとおカネを貯めていきたい人は、先に投資金額や貯蓄額を決めてしまうととても楽です。ステイホームで知らないうちに貯まったお金。これは、ある意味、旅行や外食、趣味などに使う娯楽のお金が減った分ですよね。コロナ禍が収束した後も、今のように娯楽のない生活を続けましょうというのは酷すぎますが、コロナ禍以前よりも、人々は「お金を使わない生活」に慣れています。必ずしも出かけなくてもできる新しい楽しみ、お金をかけなくてもできる楽しみというものを見つけた、ともいえるでしょう。そんな今だからこそ、前よりも少し、貯蓄に回すお金を増やすというのも手ではないでしょうか。先取貯金・先取投資の目安は、手取り月収の10%から30%程度をおススメしていますが、お金を使わなくても生活できる人は、もっと増やしても良いです。大切なのは、余ったお金を回すのではなく、貯蓄のお金は最初からないものとして引いてしまい、残ったお金で生活費を考えるということです。 生活費の管理を見直す 毎月の固定費を見直してみましょう。固定費は、一般的に、家賃・住宅ローン、電気・ガス・水道の公共料金、携帯電話・固定電話料金、インターネット通信料です。これらの支払いはどうしていますか?お勧めは、クレジットカード払いです。それも、別々のカードにするのではなく、1枚のクレジットカードにまとめてしまいましょう。そうすることで、毎月の固定費をひとつの明細書で確認することができますし、クレジットカードのポイントを貯めることもできます。電気やガスをクレジットカード払いにすると、ポイント付与率が増えるカードもありますので、自分の生活スタイルにあったクレジットカードをもう一度探してみるのも良いですね。 弊社の家計の見直し講座では、より詳細に貯金しやすい家計の見直しを学習していきます。是非一度ご参加くださいね。

住民税改正で損する人、得する人

2021年度から、日本の住民税制度が変わります。それによって、同じ所得で同じ環境だったとしても、増税になる人と減税になる人が、つまり、得する人、損する人が出て来ます。サラリーマンの場合、住民税はお給料から天引きされる人がほとんどだと思うので、あまり意識しない方も多いのですが、給料明細書、ちょっとよく見てみませんか。 住民税はどう決まるの? 住民税は、前年度の所得に応じて金額が決まります。つまり、2021年度の住民税は、2020年1月から12月の所得をもとに計算されます。この所得ですが、通常「基礎控除」がなされてから、税金の計算がされます。今回の回税では、この基礎控除される金額が変更となりました。 基礎控除と給与所得控除が変わる! 基礎控除は、誰でも使える控除ですが、給与収入額が2400蔓延以下の人は、一律33万円だったのが、43万円になりました。2400万円を超える人は、給与収入額に応じて段階的に控除額が引き下げられ、給与収入額が2500万円以上の人は、基礎控除が使えないことになりました。他方、給与所得控除は、給与収入額が2400万円以下の人は、今までの給与所得控除額と比べると、10万円減額されることとなりました。つまり、基礎控除額が10万円増えて、給与所得控除が10万円減るので、プラスマイナスゼロで影響はないことになります。 ひとり親に優しくなった今回の改正 今回、ひとり親控除が創設されました。今までの寡婦(夫)控除と違って、婚姻歴の有無や性別に関係なく、①合計所得金額が500万円以下である、②生計を一緒にする子(総所得金額等48蔓延以下)を有する、③事実婚状態ではない、の全てに該当する場合は、ひとり親控除30万円の適用を受けることができるようになりました。住民税の決定は、だいたい5月後半から6月前半頃にお知らせが届きます。知らないだけで、もしかしたら安くできるかもしれません。少しだけ、じっくり見て、弊社のアドバイザーに相談してみませんか。

本当におカネを貯めたい人がやらなければならないこと

私がバンコクの情報誌DACOに連載を始めて、早いもので4年半が過ぎ、66もの記事を掲載してきました。始めた頃は、こんなに長く続くとは思っていませんでした。今は、100回を目標にしています。塵も積もれば山となる。日本人は、これを子供のころから言い聞かせられ、コツコツと努力する国民性です。小さな行動の積み重ねが大きな成果という意味ですが、投資も、これと同じことがあてはまります。 本当におカネを貯めたいなら、おカネをコントロールすること 塵も積もれば山となる、のことわざの通り、今日500円を貯金箱に入れ、また次の日は500円節約したとします。たった500円を貯めたり節約してもあまり意味がないと思うかもしれませんが、これはこれで、長く続ければ、お金はそれだけ貯まってはいきます。しかし、重要なのはそこではありません。500円をコツコツと貯め、それが5万円、10万円と貯まっていったとき、あなたはおそらく、自分でお金をコントロールしているという感覚を持ち始めるでしょう。この行動で、いくら節約できる、これをすることで、いくら貯めることができる、と考えて、行動を選択する、という感覚です。実は、それこそが資産運用において最も重要なことなのです。 選択を、意義あることに結び付けることで、動機になる 次に大切なことは、今しようとしている選択と、何か大きなものをリンクさせることです。そうすれば、何かを成し遂げるのがずっと容易になります。例えば、500円貯金をして、海外旅行に行くとか、将来自分のお店を持つための開業資金にするとか、そういった自分へのご褒美にもなるような目標や意義あることに結び付けることで、大きなモチベーションになります。例え小さな目標であっても、自分で決めた目標を達成できたら、それは立派に資産運用ができたということになります。このように自信がついたり、やり方がわかれば、次の目標を設定することができるようになります。大きな目標があれば、長期的にもモチベーションを維持することができますよね。 おカネを貯めることができない人は、どこかで自分のおカネを誰か他人のもののように感じていたり、自分の将来を、誰かほかの人のもののように感じていることが多かったりします。自分の将来は、自分だけのものですよね。でも、分かっていない人には、何度話してもわからないものです。まずは、小さなことから始めてみましょう。自分は大丈夫と思っていても、実際始めてみたら、私の言っていることが理解できるかもしれません。

メイヤー・インターナショナルの社長 リチャード・ケイン

カナダ出身。日本を含む、アジアで20年以上、金融コンサルティングに従事。

メイヤー・インターナショナルは、カンボジア児童基金をサポートしています

CSR活動の一環として、カンボジア児童基金をサポートし、世界で最も貧しく環境が劣悪なカンボジア・プノンペン郊外の埋め立て地で働く孤児や虐待を受けた子供達やその家族への、清潔な水や食べ物の提供、保健医療や教育、職業訓練、地域支援のサービスのお手伝いを行っております。