海外投資・オフショア投資 資産運用のご相談はメイヤーへ

メイヤー・インターナショナル 海外投資を専門とした独立系国際ファイナンシャル・コンサルティング会社です。オフショア地域を中心とした投資信託、ヘッジファンド、ミューチュアル・ファンド、コモディティファンド、 不動産投資信託(REIT:リート)、プライベートバンク、PPB(ポートフォリオボンド)など幅広い選択肢から、国際基準のコーポレートガバナンスを遵守した最適なプランをお客様へ提供します。

メイヤー・インターナショナルサービス

メイヤー・インターナショナルの持つネットワークと情報を駆使してお客様それぞれに合った金融サービスを、提供いたします。

メイヤー国際活動

資産運用のご相談はお気軽に

資産運用のことなら、どんなご質問にもお答え致します。お気軽にお問い合わせください。

日本人コンサルタントが常駐しております

お客様のご相談は、弊社に常駐の日本人スタッフが対応いたします。「投資を始めたいが、どうすればいいのか分からない」「資産運用について相談したい」「どんな投資商品があるのか」など、海外投資に興味がある方、オフショア投資をしてみたい方、資産運用の方法を知りたい方、どんなことでもお気軽にお問合せください。

海外投資・オフショア投資 ノウハウ集

入院のための保険ってどんなのが良いの?

コロナ禍で、入院時の保険を気にする方が増えています。どんな保険が良いのか考えてみましょう。最近の入院事情入院というと、長期入院を思い浮かべる人も多いでしょう。昔は、入院が長引く場合が珍しいことではありませんでしたが、最近の入院は短期化する傾向にあります。今は、自宅で療養できるなら自宅へ帰ってもらって、自宅で治しましょうというのが病院側の基本的な考え方となっているのです。他方、昔は入院しないとできなかったような治療、例えば、抗がん剤治療などを、通院で行うようになっています。高額療養費制度の活用1日から月末までの期間、かかった医療費の負担が高額の場合、一定の金額を超えた分が、後日払い戻される、高額療養費制度という国の制度があります。これには、先進医療、個室の差額ベッド代、自由診療などは含まれず、こういった費用は全て自己負担となります。先進医療を受ける必要がない、つもりがない、という方はある程度この制度で賄えますが、そうでない人は、備えが必要です。180日ルール「180日ルール」とは、前回の入院から180日以内に同じ原因で再入院したときは、1回の入院とみなされるというもので、民間の医療保険にはほぼついている条件です。たとえば、1入院あたり給付限度日数が60日の場合で初日から保険金が支払われる場合には、その後退院して、再入院をした場合、退院した日から180日過ぎないと、同じ病気では給付されません。よって、再入院が起こりうることも踏まえ、保険料とのバランスを考えて準備するようにしましょう。生活習慣病や精神疾患は、長期の入院にも備え無期限型の特約をつけたりなどして、しっかりと準備しましょう。

投資で感情的にならないための5つのルール

お金は、頑張って働いて貯めた自分のもの。将来のために欠かせないもの。大切な家族のもの。だからこそ、投資するとき、ついつい感情的になってしまうその気持ち、とてもよくわかります。しかし、感情的になると、冷静な判断ができなくなって、大きな損失を出してしまうことがあります。後から冷静になって考えてみたら、こんな判断をしなかったのに!と後悔したことがある、という方も多くいらっしゃることでしょう。感情は、投資の最大の敵ともいわれています。その場の感情に流されて、誤った判断をしないために、感情的にならないためのルールを知っておきましょう。自分の予算を知ろう投資の成功者で、大富豪であっても、予算と投資限度額というものが存在します。同じく、許容できるリスクの限度も存在します。予想される利益とリスクを明確にし、そのリスクを取ることができるのか=例え最悪の損失が生じても困ることがないか、を検証しましょう。投資の手段を変えよう、今売ろう、今買った方が良いのではないか・・・たくさんの焦りが投資の判断を誤らせます。そんなとき、最悪のケースを予想し、それが起こっても大丈夫と思ったら、行動に移してもよいでしょう。 恐怖にとらわれてはいけないのです。長期的な視点で考えよう新型コロナウイルス感染症によって、当初混乱した金融市場も、今は落ち着きを取り戻しています。人々は、どんな惨劇が起きても、必ずそれに対処し、慣れていくものです。何か起きたときに、焦って行動すれば、しなくてもよかった大損を被る可能性は高くなります。常に長期的な視点で考える癖をつけていれば、短期的な市場の動向で一喜一憂することもなくなります。例えば、S&P500は、平均約10%の年利をあげています。年間で考えれば、毎月のパフォーマンスを見て、少しでも下がった月にすぐ売ってしまうというような失敗は起こさないものです。サボらずリサーチをしよう長く投資をしていれば、目新しく魅力的な金融商品に出会うことも多くあるでしょう。しかし、新しいもの、魅力的に見えるものが出るたびに、乗り換えたり買い足したりしていると、資産運用のポートフォリオのバランスを崩すことになりかねません。常に新しい情報を得ようとアンテナを張っておくこと、少しだけお金を使って本を読んだりセミナーに行ったりして、リサーチを続けることはとても有益なことです。メディアを信頼しすぎるのはやめようニュースやメディアから得られる情報というのは膨大なものです。もちろん、役に立つものもたくさんあります。しかし、メディアから全ての情報を得られる、とか、メディアの情報はいつも正しい、と思うのは間違いです。よく考えてみてください。メディアの仕事は、あなたのお金を増やすことではありませんよね。メディアの情報を活用するなら、なるべく多くの情報を読み、たくさんの意見、見方を理解した上で、自分はどう思うのか、ということを考えなければなりません。サポートを得よう自分でどんなにリサーチをして、たくさんのことを知っていても、信頼できるアドバイザーを持っていることは、とてもよいことです。

弊社代表 リチャード・ケインについてご紹介します

DACO人気連載「投資家に問うしかない!」でお馴染み、弊社代表リチャードってどんな人?と お思いの方が多いと思うので、ご紹介します!

メイヤー・インターナショナルの社長 リチャード・ケイン

カナダ出身。日本を含む、アジアで20年以上、金融コンサルティングに従事。

メイヤー・インターナショナルは、カンボジア児童基金をサポートしています

CSR活動の一環として、カンボジア児童基金をサポートし、世界で最も貧しく環境が劣悪なカンボジア・プノンペン郊外の埋め立て地で働く孤児や虐待を受けた子供達やその家族への、清潔な水や食べ物の提供、保健医療や教育、職業訓練、地域支援のサービスのお手伝いを行っております。