Home 海外資産運用術

海外資産運用術

知っておきたい医療費控除

何か大きな病気や出産などで、医療費がかさんだときに忘れずに使いたい制度が、医療費控除。 医療費控除とは、所得税や住民税を算出するときに、所得からかかった医療費を差し引くことができる制度で、医療費控除の対象となる医療費には、治療費や手術費だけでなく、薬代も含まれます。 医療費が10万円を超えたら 医療費控除は、1年間に支払った医療費が一定額を超えたときに所得控除を受けることができる制度。所得控除とは、税金を計算するときの基準となる「課税所得」にその金額を含めない、ということです。例えば、課税所得が500万円の人が、1年間に医療費が100万円かかった場合、課税所得が400万円になる、ということで、所得が少なければ、税金も安くなるということになります。(実際には、一定の計算によって課税所得が計算されるため、医療費が100万円かかったからといって、課税所得がそのまま100万円減らされるわけではありません。) 医療費控除は、医療費の自己負担額が年間で10万円を超えた場合に、確定申告によって申請することにより受けることができます。 医療費に含まれるもの 医療費控除の対象となる医療費は、通院・入院、出産、歯科治療によってかかった費用となります。このほか、治療を目的とした医薬品も含まれます。 診察費、治療費、手術費、入院時に病院から提供される食事代、通院・入退院時の交通費のほか、あん摩マッサージ指圧師やはり師による施術費も、治療が目的の場合は対象となります。妊婦の方は、妊婦検診費、切迫早産等の入院費、公共交通機関を利用できない場合のタクシー代などのほか、不妊治療も対象となります。歯科治療では、虫歯治療、親知らずの抜歯のほか、歯列矯正も対象となります。 保険対象外の妊婦検診費や不妊治療、また、歯列矯正などは一般的に高額となりますので、医療費控除の対象となっているのは助かりますよね。 医療費に含まれないもの マッサージでも、癒しを目的としたリラクゼーションマッサージのようなものは含まれません。歯列矯正も、見た目をよくすることを目的とした審美矯正は含まれません。歯石除去も医療費とはみなされません。 医療費控除を受けるための確定申告で、1年間に支払った医療費を集計しなければなりませんので、明細書、領収書はきちんと保管しておきましょう。

銀行の不正出金をされないためのチェックポイント

少し前に日本では、銀行の不正出金が大きな話題となっていました。オンライン化がどんどん進み、対面で本人確認をしなくても様々な手続きをどこからでもできるという便利な社会になった反面、このようなデメリットもあるわけですね。 銀行では、口座名義人の氏名、口座番号、暗証番号の3つがわかれば、お金を引き出すことができます。今回のケースは、この仕組みが利用されました。オレオレ詐欺も同様で、この3つがわかれば、不正に出勤されてしまいます。 銀行側のセキュリティ対策の不備によって生じたこのようなケースでは、個人に過失があるわけではないので、不正に出金されたお金は申し出れば補償されますが、だからといって被害に遭いたくないですよね。 不正出金を防ぐためのチェックポイント① 銀行を選ぶとき、何段階の認証が必要なのかをチェックすることがとても大切です。口座番号と暗証番号だけでは不十分と言えます。 例えば、ワンタイムパスワードで、通常の暗証番号に加えてもう一段階の認証があると、セキュリティは各段に高まります。スマートフォンのアプリも、アプリの設定は原則一つの口座に一つのスマートフォンしか連携できないため、セキュリティ対策として有効でしょう。認証が増えれば、面倒は増えますが、大切なお金を守るためなら、これくらいは必要だと考えた方がよいでしょう。 不正出金を防ぐためのチェックポイント② 自分の銀行口座から出金されると、指定したメールアドレスに、出金通知メールが届くサービスを提供している銀行があります。これを指定しておけば、知らない間に出金されても、すぐに銀行や警察に届け出ることができます。 通帳を持たない時代になりました。通帳を持っていても、通帳記入に銀行に行くのが面倒で、何カ月もしていない、という人もいます。それだと、不正出金に気付かないまま何年も経ってしまった、などということになりかねません。 銀行によっては、被害にあってからの補償申告期間が定められていて、それを過ぎると保証されないこともありますので、以上のチェックポイントでもう一度セキュリティ対策を考え、毎月の口座のチェックは欠かさないようにしましょう。

ファイナンシャルコンサルタントに相談すると、何ができるの?

ファイナンシャルコンサルタントというと、お金に関する仕事をしているのだろうけど、実際どんな仕事をしているのかな、老後の資金や教育費、保険の見直し、住宅ローンの借り換えなど、お金に関して誰かに聞きたいことはたくさんあるけど、ファイナンシャルコンサルタントに相談すると、弁護士に相談するみたいに小難しいのかな・・・何か押し売りされないかな、という疑問や不安をお持ちの方、実際多いのではないかと思います。 弊社のコンサルタントに相談すると、何ができ、どんな良いことがあるのかを紹介したいと思います。 わたしたちに相談して、解決できること ファイナンシャルコンサルタントに相談するのは、お金に関する多種多様な内容です。よくいただく相談内容は、今の貯蓄や支出は自分にとって適切な金額?教育資金はどうやって貯めたらいいの?学資保険はお得ですか?老後、年金だけで足りますか?住宅ローンはどれを借りるのがお得ですか?生命保険や医療保険はどれがおススメですか?といった内容です。 一般的に、お金に関する悩みというのは、教育費の貯め方、老後の資金など、ひとつだけではなく、教育費も老後の資金も貯めたいし、日常のやりくりもうまくやりたい、など、複数の課題が関係しているはずです。 このように、家計の様々な課題に対して、ファイナンシャルコンサルタントは、家計の全体を見て、収支の適正や、貯蓄計画のアドバイスを行います。具体的には、現在の収支や貯蓄額、家族構成や将来の計画からシミュレーションを行い、悩みや課題を解決する具体的なプランを提案します。 ファイナンシャルコンサルタントが解決できないこと 弊社のコンサルタントは、結婚、出産、教育、住宅購入、定年退職といった、お客様の重要なライフイベントに備え、総合的にお金のアドバイスをいたします。一時の短いお付き合いではなく、お客様一人一人の人生に寄り添い、長いお付き合いをさせていただければと思っています。 ただし、私たちにもお役に立てないことがあります。例えば、弁護士や税理士といった、業務独占資格の業務に該当するものはお手伝いすることができません。例えば、税金に関する相談を受けられますが、税理士の独占業務である税務代理や税務書類の作成をすることはできません。 とはいえ、税理士さんのところに行く前のご相談や、海外と日本双方の税についてのご相談など、幅広いご相談に応じることが可能です。 是非お気軽にご相談くださいね。

コロナの時代だからこそ、貯金をしたい人が今するべきこと

新型コロナウイルスの世界的流行で、どの国でもステイホーム、人が密集しているところを避 ける、という状況になっていますね。これにより、私たちの行動パターンは大きく変わり、旅 行や外食する機会が大きく減ったことにより、支出が減り貯金が自然と増えた方も多くいらっ しゃるようです。この貯まったお金を是非有効活用しませんか。

少額投資を始めよう

投資は面倒だけど始めてみたいと思っている方へおススメの投資をご紹介します。投資を始め るまでに必要な時間は、弊社でのコンサルティング1~2時間程度だけ。その時間さえ我慢す れば、あなたも今日からプチ投資家になれます。

ウィズコロナ、アフターコロナの家計術

新型コロナウイルス感染拡大は、収束したのかしていないのか、PCR検査数との関係もあり、定かではありませんが、日本だけでなく、世界中で、人類は、この新型ウイルスとの「共存」を受け入れ、慣れ始めようとしているような雰囲気が高まっている気がします。

新型コロナウイルスはブラックスワンなのか

私たちは通常、ある出来事について、なぜそれが起こったのか、についての理由を知りたいと思うものですよね。特に、新型コロナウイルス感染症のパンデミックのように、衝撃が大きなことが起きたときはなおさらです。起きた後で、「ああ、あの時のこれが予兆だったのか··」と思うことはあっても、誰もが見過ごすものです。

コロナのような不測の事態を乗り切る準備はできているか?

誰も予知できなかった新型コロナウイルス感染症。これからどうなるかさえ、誰も正確に予測 することはできないでしょう。経済や金融市場の混乱、私たちの日々の生活にも、大きな混乱 が続くでしょう。しかし、このような混乱の時代にあっても、私たちは生活を続けていかなけ ればなりません

投資戦略に重要なのは、「価値」なのか「成長」なのか

どんな投資であっても、投資にはリスクがつきものです。特に、現在のように経済が弱くなっているときはなおさらです。投資するなら誰しもが、自分の投資しているものが成長することを望むもの。では、投資戦略が正しいのか正しくないのかは、どのように判断すればよいのでしょうか。これには主に、「価値」に着目するものと「成長」に着目するものがあります。

誤った投資神話に惑わされるな

投資のポートフォリオ。これは投資をする上での基本中の基本ですが、意外と多くの人が、自分には関係のないものだと思っています。億単位のお金を投資している人たちのものだと。それは大きな誤解です。安定的でバランスのよいポートフォリオというものは、全ての投資家が持てるものであり、持つべきものなんです。投資にまつわる神話みたいなものはあちこちにあるようですが、そういったものには間違った情報も多いものです。

海外投資ブログ - 最新情報

本当におカネを貯めたい人がやらなければならないこと

私がバンコクの情報誌DACOに連載を始めて、早いもので4年半が過ぎ、66もの記事を掲載してきました。始めた頃は、こんなに長く続くとは思っていませんでした。今は、100回を目標にしています。塵も積もれば山となる。日本人は、これを子供のころから言い聞かせられ、コツコツと努力する国民性です。小さな行動の積み重ねが大きな成果という意味ですが、投資も、これと同じことがあてはまります。 本当におカネを貯めたいなら、おカネをコントロールすること 塵も積もれば山となる、のことわざの通り、今日500円を貯金箱に入れ、また次の日は500円節約したとします。たった500円を貯めたり節約してもあまり意味がないと思うかもしれませんが、これはこれで、長く続ければ、お金はそれだけ貯まってはいきます。しかし、重要なのはそこではありません。500円をコツコツと貯め、それが5万円、10万円と貯まっていったとき、あなたはおそらく、自分でお金をコントロールしているという感覚を持ち始めるでしょう。この行動で、いくら節約できる、これをすることで、いくら貯めることができる、と考えて、行動を選択する、という感覚です。実は、それこそが資産運用において最も重要なことなのです。 選択を、意義あることに結び付けることで、動機になる 次に大切なことは、今しようとしている選択と、何か大きなものをリンクさせることです。そうすれば、何かを成し遂げるのがずっと容易になります。例えば、500円貯金をして、海外旅行に行くとか、将来自分のお店を持つための開業資金にするとか、そういった自分へのご褒美にもなるような目標や意義あることに結び付けることで、大きなモチベーションになります。例え小さな目標であっても、自分で決めた目標を達成できたら、それは立派に資産運用ができたということになります。このように自信がついたり、やり方がわかれば、次の目標を設定することができるようになります。大きな目標があれば、長期的にもモチベーションを維持することができますよね。 おカネを貯めることができない人は、どこかで自分のおカネを誰か他人のもののように感じていたり、自分の将来を、誰かほかの人のもののように感じていることが多かったりします。自分の将来は、自分だけのものですよね。でも、分かっていない人には、何度話してもわからないものです。まずは、小さなことから始めてみましょう。自分は大丈夫と思っていても、実際始めてみたら、私の言っていることが理解できるかもしれません。