人生の3大イベントとは

メイヤー・インターナショナルのリチャード・ケインです。                   お客様がファイナンシャルプランのご相談にいらっしゃるときに、多くのお客様にとって

「老後の資金」

「お子様の教育資金」

「マイホーム購入資金」

の3つが大きな目標となっていることが多いです。

ご自身に必要な資金を手に入れるためには、まず自問自答していただくことが必要です。      つまり、どんな老後を過ごしたいのか、お子様にはどのような教育をしたいのか、         どんなマイホームがほしいのか。そして、それらにはいくら必要なのか。             そして、ファイナンシャルプランナーと共に、ファイナンシャルプランを練ることが大切です。

教育資金について考える

お子様の教育資金について考えてみましょう。                         お子様の教育資金についてはこちらもご参照ください。

教育資金を考える上で、まずどこに住むのかということが大きく影響します。
メイヤー・インターナショナル社のお客様は、海外で生活している日本人の方が多いのですが    インターナショナルスクールの学費は非常に高く、海外での教育資金は日本のそれよりはるかに高額となります。インターナショナルスクールは、年間の授業料が数十万円かかることが多く、中には百万円を超える学校も多くみられます。教育資金というと、学費のみを考えがちですが、生活費(住居費、食費、光熱費、洋服、学用品購入費、交通費など)も含めて考えなければいけません。
幸いなことに、教育費が最も高額になるのは、一般的にお子様が高校生から大学生になる頃です。  お子様が生まれたときから、教育資金を作るのに16年程度の猶予があるということです。

教育資金の準備は、早ければ早いほど有利になります。この機会にぜひ教育資金と投資について   考えてみてはいかがでしょうか。

投資や資産形成に関するお問い合わせはこちらまで。