教育費はいくらかかる?

お子さんの教育費の準備は出来ていますか??


オール公立で約800万円、オール私立なら2,300万円以上?

幼稚園から大学までの19年間で、子供の教育費はいくらかかるのか、考えてみましょう。
文部科学省によれば、公立学校と私立学校の学習費の差は、私立は公立に対し幼稚園では2.2小学校では4.7
中学校では2.8倍、高校では2.4倍となっています。塾代などの課外学習費を加えた平均ですが、あくまでも平均ですので選ぶ学校によっては、
さらにお金が必要となってきます。
また大学の場合、公立・私立、または文系・理系か、自宅・自宅外の通学といった点でもかかる費用に差が出てきます。
日本学生支援機構の調査では、大学4年間で国公立 260265万円、私立で550万円の学費が必要です。
しかもこれはあくまでも平均の学費ですので、理系に通う場合、さらに費用がかかると想定しなければなりません。
また、自宅外通学の場合、4年間で平均560万円の費用が必要になります。
ですから、大学入学時には、まとまったお金が必要になることに備え、計画的に費用を用意しておく必要があります。

日本の学資保険で大丈夫なのか??

                       ※日系保険会社 学資保険のサイトより
ここで学資保険について、みてみましょう。日本では10年間、支払総額約466万円に対し500万円となります。
見てお分かりの通り、あまり大きな金額となってはいません。
しかし海外オフショア積立投資の場合、同じ金額を積み立てると、こうなります。
         月々積立金額 38,850円 払込総額  4,662,000
         年間平均5%のリターン  受取金額  553万円
             8%         受取金額       641万円
あくまでも計算ですが、海外投資では決して無理な数字ではないのです。

お子様の教育資金のために、海外積立投資を考えてみませんか? お問合せはこちら。