今日は少し違った話を。
日本人にはあまり馴染みのないワイン投資というのをご存知でしょうか。
欧米では、さほど珍しくないワイン投資。
つい先日もロンドンでそのワイン投資のセミナーが開催されました。

ワイン投資には、大きく分けて2つの方法があります。

ひとつは、自分でワインを買う・保管・売る方法。
もうひとつは、ワインファンドに投資する方法です。
ワインファンド投資は「みんなでお金を出してワインを買い、値段が上がったら売って
儲かったお金をみんなで分ける」やり方なので、株などの投資信託と仕組みはほぼ同じ。
ただ、ワイン選びや売買は運用会社がするため、ワインに投資している! という実感は
あまりありません。

せっかくワインに投資するなら、あれこれワインを選びたい! 買ったワインを飲んでみたい! という
気持ちにもなりますよね。
でも、ワイン選びや適切な保管は一般人には難しい……。
そんなワイン愛好家を助けてくれるもう1つの方法があるんです!
日本では珍しい、そんな投資をご紹介します。

このワイン投資の特徴は・・・

①ワインのプロによる「値上がりしそうなワイン」リストからお好みのワインを選ぶ。
リストには、プロの評価や、生産地・ブドウの品種といった詳細が載っているので。それを参考に。

②例えば「5年後に7%利益が出るようなワインを100万円分選んで」というような
お任せセレクションもOK。

③プロが専用セラーで保管。被保険なので、保管中の事故も安心。

④オンライン上で、マイワインの価格をチェック。売りたくなったらネットでカンタンに売り注文。

⑤思うように値上がりしなかったり、自分で飲みたくなったりしたら、オンラインで注文すれば
自宅まで配達してくれる。

このワイン投資を行っている会社は、ロンドンのフルハムの近くにあります。テムズ川沿いの素敵な
ロケーション。定期的に投資家を集めて、ワインテイスティングパーティをしたり、ソムリエが
ワインの値上がりの可能性をプレゼンしたり、選んだワインを実際テイスティングしながら投資する
ワインを決めることができます。

最近はバンコクでも、スクンビット界隈のホテルで、同様のイベントが開催されることも
あるようです。
バンコクで開催する際はお知らせしますので、ワイン投資に関心がある方は、お問い合わせください。