シャープレシオって?

今回は金融用語を取り上げてみます。投資を経験されている人であればすでにご存知かもしれません。
シャープレシオ(Sharpe Ratio)です。
シャープレシオとは、日本語で「投資効率係数」などと呼ばれます。

ウィキペディアによると

   シャープレシオとは投資の効率性を測る指標。
   1966年にウィリアム・シャープにより提案された。

※ウィキペディアより引用

とあり、その後、よく分からない数式が(笑)ごちゃごちゃと書かれています。
簡単な数式はこちらです。

 

日本語にすると 

シャープレシオ=(リターン-無リスク証券リターン)÷リスク(標準偏差)

リスクフリーレート(無リスク証券リターン)は米国債が一般的に数値として使われます。

分かりやすく言うと

     投資のリスク(価格変動)の割合に比べてどの程度のリターン(収益)を
     得ているのかを見るための指標

だと覚えておきましょう。

低金利の時代ですから、単純に計算するのであれば

        投資のリターン÷リスク 

で算出してもいいでしょう。

この数値が大きいほど、運用効率がいいということになります。

どちらがいい投資?

数字で例を挙げてみましょう。ここでは単純にリスクとリターンから2つのファンドを
比較してみます。リスクが異なるファンドを比較する場合に非常に有効です。

             リスク    リターン   シャープレシオ
ファンドA         20%     10%    10÷20 =0.5
ファンドB         50%     20%    20÷50 =0.4

ファンドを選ぶとき、どうしてもリターンの数字のみに目がいってしまい、リターンが大きい
Bのほうがいいじゃないかという声もあるかもしれません。
でも、運用効率はファンドAのほうが優れていることになります。

ファンドを選択する目安に

このようにシャープレシオを利用して、どんなファンドに投資をすればいいのかを判断する目安に
することができるのです。


オフショア投資の場合もっと厳密に、ヘッジファンドとミューチュアルファンド(投資信託)の
数値を分ける場合があります。ヘッジファンドにはシャープレシオを使い、ミューチュアルファンド
にはInformation Ratio(インフォメーション・レシオ)と呼ばれる指標を使います。


  Information Ratio:ベンチマークとなるインデックスに比べ、リスクの割に
             リターンが良いか計測する指数

どちらも同じような指標ですので、比較をするのにも有効です。
弊社がお客様にファンドを提案するときも、当然チェックしています。

まとめ

シャープレシオの数値の目安として

     0.5以上 可もしくは良
     1.0以上 優
     2.0以上 最良

というところではないでしょうか。
投資するファンドを検討するとき、ぜひ活用してみてください。


海外投資、オフショア投資、資産運用の相談はこちらから