投資初心者が知っておくべき基本とは?

投資についてまだまだよく分からない、これから勉強していきたいという人は多いのでは
ないでしょうか。今の時代、お金の不安を解消するには

   A. 収入を増やす
   B. 資産運用で増やす

いずれかの方法を取るしかありません。以前であれば銀行預金だけでも十分でしたが
低金利の今の時代では、それも無理です。
ここでは投資初心者がおさえておくべき基本について確認していきましょう。

1.投資には、必ずしもまとまったお金は不要。

勘違いをされる人からよく聞くのは

「投資するには100万円以上ないと始められない」「やっぱり500万円程度は必要でしょうか?」

といった話が出てくることです。例えば不動産を投資物件として買うのであれば、頭金として
ある程度のお金が必要になることもあるかもしれません。

しかし金融投資に関して云えば、まとまったお金を投資するものもありますし、
投資信託のように少額から
始められるものも数多くあるのです。
必ずしも最初からまとまった資金が必要ということはありません。

2.短期的に利益を求めない。

投資のスタンスは、中長期的な視点でみることが重要です。1日や週単位で利益を出すというのは
いわゆる株やFXなどのデイトレーダー。
とても投資初心者がマネできるものではありません。
短期で利益を求めようとすることは、ギャンブルになってしまいます。
この違いを理解しておきましょう。

3.投資資金は余裕資金で。

余裕がないからお金がすぐに必要、だから生活資金を投資につぎ込む・・・
これは決して正しいことではありません。投資は少額からでも出来ますが、あくまでも余剰資金や
余裕資金で
始めるものです。

4.リスクはあるが、ゼロになるものではない。

誤解されるのは投資はリスクがあるから、やりたくないという話です。
投資はお金を増やすという行動ですが、その裏には当然リスクがあります。
でもお金がゼロになってしまうようなリスクとは違います
投資したお金がゼロになるのは、ギャンブルで負けたとき。
投資はギャンブルとは違うのです。

高いリターンを期待するのであれば、リスクも高くなる、
安定した運用、リターンを求めるのであれば、リスクを低くすることも出来るのです。
「リスク無しで大きく増やせる」ということはあり得ません。

ただし投資ではリスクをコントロールすることができるのが、ギャンブルと異なるところ。
負けたらゼロになるギャンブルとは全く違います。

まとめ

大まかに投資初心者の方に向けての基本をまとめてみました。投資は学ぶべきことも多くあります。
投資についてもっと知りたい、いろいろ聞いてみたい・・・
弊社ではそのようなご相談を無料でお受けしております。こちらまで。