定年でリタイアしたら、趣味や旅行、孫たちへのプレゼントなどにお金を使って、ゆとりのあ
る老後を楽しみたいですよね。ゆとりのある老後に必要なお金は、夫婦で月額30万円から35万
円程度だと言われています。

公的年金だけでは足りなそうなのは、おそらく年金制度に疎い方でもお分かりになるのではな
いかと思います。そもそも、厚生年金制度は、「給与所得者でも必要最低限の老後の保障があ
るべき」という考えのもとに設立されたもので、年金で贅沢に暮らすことを目的としているわ
けではありません。なので、年金というものはそもそも、「足りない」ものです。

人によって違う「ゆとり」

とはいえ、「ゆとりのある」というのは、個人個人で違うものですよね。例えば、田舎に住ん
で、趣味は畑仕事、旅行はたまに行くだけでよい、という方は、住宅ローンが残っていたとし
ても、夫婦二人で35万円も必要ないかもしれません。他方、都市部で住宅ローンが残っていて
、趣味は海外旅行で、お孫さんがたくさんいて、お祝いやプレゼントをたくさんあげたいとお
考えのご夫婦には、35万円では全然足りないかもしれません。

まずは、ご自分が、またはご主人が、いくら年金がもらえるのかをチェックしてみましょう。
毎年届くねんきん定期便を見れば、おおまかの金額がわかります。そして次は、ご夫婦で、ど
んな老後を過ごしたいのか話し合ってみましょう。そうすると、月額いくらくらい必要なのか
のおおまかな金額がわかります。

こうして、この差額がわかれば、ご自分が老後のために準備しておかなければならない金額が
わかりますよね。

公的年金の平均受給額

ゆとりのある老後に必要なお金が、個々で違うといっても、平均受給額はやはり気になります
よね。

令和2年度厚生労働白書によると、夫が平均標準報酬43.9万円で40年勤めた会社員、妻は専業
主婦、というモデル世帯の年金受取額は、月22万724円とのことです。

この統計を見ると、受給額の階級別のデータもあるので興味がある方は是非ご覧になってみて
ください。簡単にご紹介すると、月30万円以上の年金を受給している男性は、1万7626人。月
15万円から20万円受給している男性が一番多く、436万9884人でした。

年金は今より確実に減っていく!

どうですか?思っていたより多かったですか?少なかったですか?多いと思った方も、少ない
と思った方も、注意しなければならないのは、これは現在の水準です。

近日、日本の高齢者が人口の約30%を占め、過去最高になったというデータが公表されました
。今後、この割合はもっと増えていくことは間違いありません。毎年過去最高を更新していく
でしょう。

受給できる年齢になってから慌てないために

年金が本当に減っていくのかはわかりませんが、私の意見としては、確実に減っていくと考え
ています。少子高齢化で、日本の経済成長率が伸び悩んでいれば、ほぼ間違いないでしょう。
受給できる年齢になってから慌てないために、なるべく早くから準備をしておくことが大切で
す。受給額が減らなかったとしても、準備しておいて損はないですよね。

準備を早く始めれば、時間をうまく使って、低リスクで安定した運用をすることができます。
また、最初にお話した「自分にいくら必要なのか」というシミュレーションが苦手な方、面倒
な方も多くいらっしゃいますので、そういった方は是非、弊社の無料コンサルティングにお越
しください。経験豊富なコンサルタントが、丁寧に質問し、じっくりとお話を聞きながら、受
給予想額と、必要金額を計算し、その差額をどう埋めていけばよいのかをアドバイスします。