20代から投資を始める人が増えております。仮想通貨や、株式売買、あるいはFXなどネット上を
にぎわせているようなものに投資をしている人が多いかもしれません。
しかしその大半はマイナスになっているのではないでしょうか。
上記のものは日々の値動きが激しいので(特に仮想通貨)ちょっと投資のことをかじった程度の
知識では勝つことが非常に難しいのです。

投資をするのであれば、やはり利益を出したい、誰でもそう考えます。
そこでおすすめするのが「コツコツ」投資をする
積立投資です。
日本でも最近はつみたてNISAやiDeCoなどの制度が、出始めていますが
海外投資の視点から解説したいと思います。

何のためにいつ、どれくらいの資金が必要か。

人生の3大イベントと言われる

「老後の資金」

「お子様の教育資金」

「マイホーム購入資金」

このようなイベントには、ある程度の資金がどうしても必要になります。
例えば、老後の資金ということであれば、かなりの長期積立になるでしょうし
あるいは、今後のお子様の教育費の準備であれば、10年や15年程度になるでしょう。
マイホームの購入を考えるのであれば、購入時期に合わせた頭金が必要になると思います。
もちろん、預貯金で準備するのも必要なのですが、それだけではどうしても不足になりがち。
どうしても投資をして、その資金を準備する必要が出てくるでしょう。

では20代のうちからこれらの資金を準備することを
考えたとき、どうして「コツコツ」と積立投資をするのがいいのでしょうか?

最大のメリットは「時間」

以前のブログでも話しましたが、20代のうちに投資を始めた場合のメリットは、
何といっても「時間」です。
例えば、下のグラフは月々5万円、年利5%、25年間積み立てた場合の比較です。
海外積立投資の場合、複利運用されます。複利運用をすると、1,500万円の積立に対し
25年で約2倍になることが分かります。単利の場合と比較しても、その違いが分かるでしょう。

※試算結果は、投資に掛かる課税額は考慮されていません。
※試算結果は、あくまで目安の値であり、弊社がお客様に対して将来の運用・投資の成果を
 保証・約束するものではありません。

もちろん積立てる金額、積立年数は目標とする資金によって変わりますが、時間を味方にすることに
よって、一度に大きなお金を投資して・・・
という必要がなくなるのです。

時間を有効につかえば、価格変動も利用できる

さらにドルコスト平均法によって、時間を掛けて「コツコツ」投資をしていけば
日々の価格変動もあまり気にすることなく、当初のファンド価格からマイナスになっても
投資全体としてプラスにもっていける可能性が大きくなります。
こちらのブログも読んでみてください。

「ファンドの価格が下がれば、ユニット数を多く購入できる」
投資期間が
長くなれば、このメリットをより有効活用することが出来ます。

海外積立投資の最大のメリット「通貨の分散」

分散投資は投資のリスクを低減するための有効な方法です。

積立投資の場合、

「時間」→10年、15年、20年など
「投資先、投資対象」→新興国や先進国、株式や債券、商品先物系など

が分散できます。

そして海外積立投資の場合、これにプラスして「通貨」の分散が可能です。
日本円だけで資産を持つリスクについては、こちらのブログでお話したとおりです。
通貨も分散することにより、資産の目減りを避けることも出来ます。

まとめ

これらの利点を活かしながら、少額からコツコツと投資を始めてみることを検討してみましょう。
毎月の貯金額の一部を回すことだけでも始められます。
特に20代から始めれば、時間をより生かすことが出来ます。ぜひ検討してみてください。
ご質問、お問合せはこちらから