ビットコインって何?

今、ビットコインをはじめとする仮想通貨がブームです。今回は、この仮想通貨について      ビットコインを中心に考えてみましょう。                           ビットコインとは何でしょうか?

一言で言ってしまうと『インターネット上に存在する電子決済システム、仮想通貨』となります。

仮想通貨という“通貨”という言葉が使われていますが、実際には100円玉や50円玉のように見えるわけではないので、通貨を想定した存在ということです。2009年に世界最初の仮想通貨として、日本人が仕組みを作ったと云われています。インターネット上で使うことが出来る通貨なので仮想通貨の他に デジタル通貨、暗号通貨などとも呼ばれています。                       ビットコイン以外にも仮想通貨がたくさんありますが、これらはアルトコインと呼ばれています。  語源は『Alternative Coin』で『代替的なコイン』ということです。

電子マネーとは違う

電子マネーと同じと考える人がいるかもしれませんが、以下の2点が大きな違いです。

  • 電子マネーは発行責任者が存在、ビットコインは発行責任者がいない。
  • 電子マネーは現金の対価として存在、ビットコインはネットワークでゼロから発生。

電車やコンビニで電子マネーを利用している人も多いでしょう。この場合、発行元の鉄道会社や   コンビニエンス・ストアがそれを保証し、現金の対価として認めてるから利用できるのです。    これらは円という通貨をカードや端末にチャージすることで利用できるものです。

ビットコインの場合、円をチャージするということはありませんし、出来ません。ビットコインでの 支払いをするためには、円という通貨をビットコインという通貨に両替しなければなりません。   円をビットコインに両替してはじめて、ビットコインでの支払いが出来ることになります。     どちらかというと海外旅行で、円をUSドルなどに両替して利用するイメージですね。

もちろんビットコインを手に取ることは出来ませんが、ビットコインは仮想であっても通貨と    同じ働きになっていることが分かるでしょう。電子マネーは貨幣を使わないで決済するシステムということです。ここが仮想通貨であるビットコインと電子マネーの違いといえるでしょう。

 

通貨(お金)との違い

では、私たちが普段使っているお金との違いは何でしょう。それを挙げてみます。

① 管理する中央組織がない

電子マネーと同じ話になってきますが、日本円であれば日本銀行が発行、管理、他の米ドルやユーロ なども同様に発行管理する中央銀行がありますが、ビットコインにはそれがありません。

通貨を管理する「中央組織」が存在しない、ということです。つまり発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないのです。ビットコインは、国家や企業が運営している仮想通貨ではありません。円やドルと同じような通貨なのに、どこの国も、企業も、ビットコインの発行・流通には関与していません。この非常識な概念が、ビットコインの最大の特徴です。ITの技術をもった複数のプログラマーが 管理し、お互いの正当性を認めているのです。

② 発行数量が決められている(インフレがない)

お金は、政府の方針などによって、発行元である中央銀行が紙幣を印刷すれば、無尽蔵に増やすことができます。その場合、市場に流通する通貨の量が増大し、通貨の価値が下がることでインフレ状態に なりますが、ビットコインの場合、最終的に2,140年までに2,100万BTCまでしか発行されないことが決まっているため、お金で発生するようなインフレの概念がありません。

マイニングとは?

仮想通貨の話になると必ず出てくるのがマイニングという言葉。でもそれって何だろう?      そう考える人もいるでしょう。簡単に言ってしまうと

『コンピューターに計算させて仮想通貨を手に入れること』

です。もう少し専門的な話をしてみましょう。マイニングとは仮想通貨の暗号化システム、取引履歴のシステムに参加するということです。仮想通貨を新たに発行するのに必要な作業なのです。

仮想通貨は、一定期間ごとにすべての取引記録を取引台帳に追記することで整合性を管理しています。 その追記の処理には、ネットワークに分散されている今までの取引台帳データと、追記の対象期間に 発生したすべての取引のデータの整合性を記録することが求められます。

取引台帳データのことを「ブロックチェーン」

追記作業を「ブロック生成」

と呼びます。この新たなブロック生成を行い、報酬として仮想通貨を手に入れる行為が、マイニングなのです。このシステムのお陰で中央管理する機関を必要とせずに正当性を保つことができています。 つまり、マイニングに参加することはその通貨の整合性を管理する一役を担うという意味でも    あります。

技術的には数学的な計算を繰り返し、特定の条件を満たす解を見つけるという行為であり、たくさんのハードウェア=コンピューターと電気代が必要になります。

計算にはたくさんのコンピューターを利用

取引台帳データの整合性を確かめる作業は、コンピューターによる計算で実現できます。      しかし、その作業には膨大な計算量が必要となります。

分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータ、追記対象の取引のデータのすべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。

そこでビットコインを始めとする仮想通貨では、この追記作業に多くのコンピューターを利用しています。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有 する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。                     コンピューターを多数、長時間利用するため、電気代も膨大になります。

このようなコンピューターはどうするのでしょうか。もちろん管理する人がいないわけですから、コンピューターを借りる形で行うのです。お金に例えると、紙幣を印刷する機械の役割といえるでしょう。しかし、そんな膨大な計算力を取引台帳データの整合性のためにコンピューターを無料で貸し出す  メリットがあるのでしょうか。

そのため、この追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、報酬として新たな通貨が支払われます。

この報酬は、新たに発行した通貨によって支払われます。                    つまり、この瞬間に仮想通貨の新規発行が行われまることになるのです。

以上の流れが「採掘(マイニング)」と呼ばれています。

通貨の新規発行はこのマイニング方法以外に存在しません。そのため、仮想通貨の発展を信じる人達がマイニング活動に力を注いでいるのです。

マイニングのネーミングは、ここから来ている

マイニング作業を行うには資金が必要になります。一般家庭にある普通のコンピューター程度では  技術的にも難しいのが実情です。また、報酬を受け取るためには、誰よりも早く作業を行わなれば  いけません。 それには高性能のコンピューターが必要です。さらには電気代が必要となります。   そのために資金が必要となるのです。要するに、先行投資を行い、新たなコインを生成し      そのコインが流通として流れていくということになります。

この流れは、金や鉱物資源を掘り出すために採掘道具を用意し、掘り出したらその鉱物が新しく   流通していくという流れと同じですね。

このように「金、鉱物」の採掘作業に似てることから、仮想通貨のブロック生成が「採掘(マイニング)」と呼ばれ、それを行う人達が「採掘者(マイナー)」と呼ばれるのです。

ここまで仮想通貨、ビットコインについての基本的な話をしてきました。次のブログでは仮想通貨の メリットについて考えてみたいと思います。