新型コロナウイルスはブラックスワンなのか

私たちは通常、ある出来事について、なぜそれが起こったのか、についての理由を知りたいと思うものですよね。特に、新型コロナウイルス感染症のパンデミックのように、衝撃が大きなことが起きたときはなおさらです。起きた後で、「ああ、あの時のこれが予兆だったのか··」と思うことはあっても、誰もが見過ごすものです。

マーケットにおいて、事前にほとんど予測ができないものの、起きた衝撃が大きい出来事のことを、「ブラックスワン」と言います。新型コロナウイルスは、マーケットにおけるブラックスワンなのでしょうか。そうだとして、ブラックスワンから資産を守る方法はあるのでしょうか。

ブラックスワンは、絶対に予測できない

数理ファイナンス、金融デリバティブの専門家で、金融業界で知らない人はいないナシム·タレブは、The Black Swan: the impact of the highly improbable. の中でブラックスワンについて解説しています。彼によると、ブラックスワンは、①予測不可能、②非常に大きな衝撃とインパクトを与える、③起きた場合、不可避である、と定義しています。例えば、ITバブルはブラックスワンだと言われています。インターネットは非常に斬新なもので、それまで誰も経験したことがないものでした。現在のようなITテクノロジーに支配された社会が来るとは誰が予想していたでしょうか。他方、ITバブルが起こるという知識のもと、過去を振り返れば、これが前兆だったのか、という出来事はいくらでも見つけることができます。

他には、ソ連崩壊や9.11も、ブラックスワンと言われています。

新型コロナウイルス感染症は、ブラックスワンではない

私たちは今でも、新型コロナウイルス感染症クライシスの真っ只中にいます。新型コロナウイルス感染症は、ブラックスワンだと主張する人もいます。でも、私はそうは思いません。もちろん、衝撃は大きく、考えられない、信じられないという気持ちはわかりますが、過去の出来事から想像するに、全く予測不可能だったとは思えないからです。世界の政府や国際機関は、いつ起こるかわからないパンデミックのために、色々な対策をしています。映画やドラマ、漫画の世界でも、このようなパンデミックがいつ起こるかわからないという話は無数にあります。ゾンビが出てこないだけで、十分予想範囲内、と言えるのではないでしょうか。

予想外の衝撃にどう備えるか

新型コロナウイルス感染症がブラックスワンがどうか、ということは、人の考え方にもよりますから、重要な問題ではありません。重要なのは、「予想外の衝撃にどう備えるか」「資産をどう守るか」ということ。予想外の出来事をできるだけ想像してみましょう。そして、何が起こっても良いように、バランスのよいポートフォリオを作ることが大切です。いつも言っていますね。是非、私と一緒に考えてみませんか。