海外積立投資のボーナスについて

弊社のトップページなどにもたびたび出てくる積立投資。積立投資はドル・コスト平均法や分散投資という面からも有効な投資方法ですが、実はまだメリットがあります。それはボーナスです。     今回はそのボーナスについて述べていきます。                         現在弊社で扱っているR社の積立Qでは、3種類のボーナスが存在します。

1.投資開始時に入る初期ユニットボーナス(Premium Incentive)

一定以上の金額で、10年以上の契約期間に対して運用開始時から割り当てられるボーナス。           USドルの場合は480ドル以上、日本円は52,800円以上。
※1USドル=110円とした場合。2018年5月現在。

5- 9年契約・・・0ヶ月分。ボーナス無し

10-14年契約・・・1.5ヶ月分。

15-19年契約・・・3.0か月分。

20-24年契約・・・4.5ヶ月分。

25-30年契約・・・6.0か月分。

ボーナスも含め、最初の数ヶ月間(最短で18ヶ月~最長で24ヶ月)は              初期ユニット(イニシャルユニット)に組み込まれます。

2.投資金額により毎回の積立額に割り当てられるアロケーション・ボーナス             (Premium Allocation)

850ドル以上で101%、1,500ドル以上で102%、                      日本円は93,500円以上で101%、165,000円以上で102%

3.満期時に貰えるロイヤリティー・ボーナス(Loyalty Bonus)

プランの最後に支払われるボーナスです。10年以上の払い込みに対して、年0.25%付与。     (最低10年2.50%から最長30年7.50%まで)

例えば20年契約のプランで申し込んで、16年間しか払い込みをしなかったとしても

16年×0.25%=4.0%

が累積ユニットの評価額に対してボーナスとして、もらえるのです。

1の初期ユニットボーナスは、初期ユニットに組み込まれ、契約期間内に手数料が引かれていくので それ程、大きな影響はありません。                              2のアロケーションボーナスは、初期ユニット後の累積ユニットにも契約期間に渡って       割り当てられるので、運用しやすい状況になります。                      3のロイヤリティーボーナスは、最後に貰えるボーナスです。払い込みを続けるほど        ボーナス率が増えます。

このボーナス、計算してみるとお分かりの通り、意外とお得になることがお分かり頂けたでしょうか。
また極論ですが、1,500ドル以上で16年以上契約すると、何とリターンが0%でも満期で元本以上の
金額が戻るのです。

ボーナスが多く貰えれば、その分手数料割合が低くなるので、もらえるものはもらっておきたいです。何も悪いことはありません。
ただ月々どれだけ支払いが出来るのかきちんと考え、無理なく続けられるプランが一番だということも
お忘れなく。

お問合せはこちらから。