こんにちは。メイヤーインターナショナルです。
今回は投資で失敗をする人について取り上げたいと思います。

昨年も似たような話をここでさせて頂きました。
投資で失敗をした事のある人は多いのではないでしょうか。
(かくいう私もその一人です・・・)

投資でどんな失敗をするのか?

『投資 失敗』でネットで検索をすると、そこに出てくる話の多くは
株式投資の例が多く見受けられます。

・退職金で証券会社の担当者に勧められるがままに購入したら損をした
・株取引に挑戦してみたら、一気に価格が下がり大損となった・・・

などなどです。

まず投資を初めてする人が、いきなり株取引というのはハードルが高すぎます。
株取引はチャートの見方はもちろん、その企業の業績なども
考えて、
買い時、売り時を見つけなければなりません。

経験者でもほとんど勝てないのに、初心者がいきなり手をつけてもなおさらです。

そして他によくあるのがこのような例

・退職金を預金をしようとしたら、窓口担当者に勧められるがままに商品を購入した。
・『定期預金の金利よりも全然いいですよ』と外貨預金にしたら、結局損をしてしまった。
・勧められた年金保険に加入したら、85歳までに1,500万円も支払う必要があった。

はっきり言いましょう。金融機関の営業担当者は手数料が高く取れるものしか勧めてきません。

投資で失敗しないためには・・・

このようなことを避けるには2つのことが必要です。

1.投資はトレードという発想を捨てる

投資を始めるのにいきなり株やFXなどのトレードから入るという発想はやめましょう。
トレードの世界はプロが席捲している場所です。
そこにいきなり素人が飛び込んでも負けるのは目に見えています。

株やFXをはじめようとするのは、おそらく『短期間で大きく利益を出したい』
そういう気持ちが強いからではないでしょうか。アマチュアだから許してもらえるだろう・・・ 
そういう考えは相場の世界では一切通用しませんので 笑。

2.銀行や証券会社の担当者の話を鵜呑みにしない

分からないから質問をするというのは正しい考え方です。
ですが、こちらの状況をよく分かりもせずに商品を勧めてくるのは、いわゆる営業トークです。
『いい商品だから勧められる』ということではないということを頭に入れておきましょう。

まとめ

以前こちらのブログでも解説したように、以下のポイントを抑えておきましょう。

投資で失敗する人ってどんな人?

A.投資についてきちんと学ぶ
B.余裕資金で始める
C.分散投資を行なう 投資対象、時間、通貨・・・・
D.タイミングをずらす

投資を始めようとするのであれば、この4つを意識しましょう。
投資、資産運用についてのご質問、ご相談を無料で受けております。
お気軽にこちらからどうぞ