先日FPの方が書かれていた記事を目にしました。その中の一文です。

“相談内容で一番多いのが「お金がたまらないので何とかしたい。」

そしてお金を貯める理由の圧倒的1位は「老後の資産形成」

ということです。しかもこの相談は年齢に関係なく、20代から50代までの皆さんが
一番質問してくる内容だそうです。
こちらのブログでも「老後の資金形成」の話をよくしていますが、改めて考えてみたいと思います。

老後の資産を作るには。

資産を作るためにはどうすればいいのか考えてみましょう。
資産運用を考えるには、以前のブログ「投資は余裕資金で」でも書きましたが
資金的にまったく余裕のない中で投資を始めるというのは、あまりよくありません。
そこで次のステップを踏んでいきます。

1.毎月残る金額を確認する

毎月の収入から生活費などの支出を差し引いたときに、いくら残るのか
確認をしてみましょう。

簡単に20代の人の場合の例をあげてみますね。(※仮の例です)


収入 25万円 (手取り)
支出   18万円 (住居費、食費その他一切含む)
差額  7万円

最初の質問にあった「お金がたまらない」のであれば、毎月決まった額を貯めるところから
始めないといけません。そしてたまらないのであれば、どうしてたまらないのかを
確認しなければなりません。つまり支出部分を見直す必要があります。
上の例のように、差額分が毎月出るかどうか確認をしてみてください。

2.差額分をどうするのか

「こんなに残らないよ!」という人もいるかもしれません。
その場合、どこにお金を使っているのか、見直してみてください。無駄な出費はないでしょうか?
そこまで調べても月々の貯金は無理、賞与分しか貯められないのであれば、まず賞与分をきちんと
貯金するところからスタートです。何でもかんでも使ってしまう体質は改めるようにしてください。
そして余裕の出来たところから投資を始めるのがいいでしょう。

3.貯金だけでは資産は目減りする

ここで気をつけなければならないのは、貯金だけでは資産が目減りするということです。
資産の目減りを避けるには、最低でも物価の上昇分の金利を得なければなりません。
しかし今の日本の金融機関の預金金利では、それはほぼ不可能です。

もっと現実的な話をすると、間近に控えている消費税アップ分2%の金利を
カバーできるのか?ということです。

「年間3%を超える資産運用をしていますか?」のブログでも詳しく説明していますので
改めて読んでみてください。

年間3%を超える資産運用をしていますか?

4.余裕資金分の一部を資産運用に回しましょう。

仮に月々の余裕資金があるのであれば、その一部を投資に回すことを
考えましょう。

こちらのブログ「海外投資はいくらから始めればいい?」でも話しましたが

海外投資は、いくらから始めればいい?

投資は大きなお金がなくても出来るものです。まして20代30代の若い世代であれば、時間を味方に
した資産運用をすることが出来ます。資産を作りたいのであれば、まずは少額からでも
資産運用を始めてみるのが大切なこと。これを機会にぜひ投資について考えてみてください。
ご質問、お問合せはこちらから