相場格言というものをご存知でしょうか。
株式相場などで投資をする人たちのための心構え、戒めみたいなものです。
このような格言は投資家の間で語り継がれています。
相場格言は非常に多くの数があり、それだけで試験問題が作成できるくらいです 笑。
興味があったらネットなどで検索してみてください。

相場格言は、株式相場などでトレードをする投資家向けのものですが、中長期での資産運用をする
個人投資家や投資初心者にも、
非常にためになる言葉が数多くあります。

今回紹介するのは

「知識は本でも学べるが、勘は実戦で強くなる」

読んで字の如しですが「投資をする上で知識は本などから得られるが、投資で成功するためには
知識だけでなく、実際に投資をして勘を磨くことも必要である」ということです。
つまり投資、資産運用の場数を踏む必要があるということですね。

本を買っただけで満足?

今ではやたらとハウツー本が販売されています。投資に限らず、それ以外のビジネス書、
マインドスキル、ダイエット法・・・挙げれば
キリがありません。
しかし、その本の通りに実践してうまくいくようになった・・・という人の話は
ほとんど聞いたことがありません。
中にはハウツー本の収集家になってしまった人もいるのでは??

学生時代に参考書を買ったが、中身を勉強していない・・・・

この構図のように、その本の通りに実践をしている人が少ないのも関係しているのでは
ないでしょうか。

投資の世界では・・・

投資の世界も同じです。知識だけ多く蓄積しても、それで成功できるとは限りません。
よく聞くのは「投資は初心者なので、勉強してから始めようと思います」というもの。
でもこういう人って、結局投資をしません。
「勉強すれば投資で損をすることはない、失敗することはない」
そう考えてしまって、結局投資でのリスクが取れなくなってしまっているのでしょう。

ここで「リスクを取る」というのは、お金を完全にゼロに・・・ということではなく
プラスにもマイナスにもなる可能性のある環境で、お金を利用するということです。
投資というのは、お金に働いてもらってお金を増やすということ。
当然プラスにもなるでしょうし、マイナスにもなり得ます。

しかしそのリスクさえもとらずに「お金を一銭も失いたくない、損をしたくない」
そう考えるのであれば選択肢は預貯金だけ。
つまり投資、資産運用でお金を増やすことを、あきらめなければならないということです。

大事なのは実際にやってみること

投資をして失敗するのか、成功するのか、これは実践して自分で経験してみないと分からないのです。
それを積み重ねることによって「どういう投資をすればいいのか」という勘が養われてきます。
非科学的だという人もいるかもしれません。でも投資はある意味スポーツにも似ているのです。

スポーツも本の知識だけでは身につきませんよね?
自分で実際に体を動かしてやってみないと上達しません。
投資、資産運用もそれと同じことなんです。

以前のブログでも話したことがありますが

「学びながら、実践する」これが投資で成功する一番の近道  になるのではないでしょうか。

まとめ

資産運用、投資でお金を増やしたい・・・
そう考えるのであれば、実際にリスクを取って投資の実践をしてみることです。
もちろん最初から大きなリスクを取る必要はないのです。投資は少額からでも始められます。
弊社ではそのサポートをしておりますので、こちらからお気軽にご相談ください。