人生の3大イベント


以前のブログで、資金を考えなくてはならない人生の3大イベントがあると、
説明しました。

「老後の資金」「教育資金」「住宅資金」

この3つです。

以前であれば老後の資金は、会社の退職金や年金などで、カバーできるという考え方が出来ました。
しかし、長寿化が進み、さらには退職金がない職場も増えた、さらには介護の問題もあります。
そして教育に関しても、小中学校から私立を選択することにより、教育費負担が増えてきています。
つまり、以前と違ってこれらの3大イベントの資金を早いうちから準備していく必要があるのです。

3大イベントの資金を準備するのにどのくらいの金額が必要になるのか?

まずファイナンシャルプラニングを行なうことです。
最初からまとまったお金を準備するのは大変なこと。今銀行に預金をしているのであれば
その一部を海外積立投資をしながら増やすことを考えてみましょう。
銀行の預金だけではお金は増えません(断言! 笑)
もし銀行預金だけで大丈夫ということであれば、無理に投資をする必要はありませんが・・・。

教育資金

学校は私立なのか?公立なのか?これだけでも、必要金額が違ってきます。
今お子様が小さくても、小学校、中学校に入るまでの時間はそれほど残されていないはず。
そうなると、まず教育資金を準備する必要があるでしょう。

教育費はいくらかかる?

住宅資金、教育資金を並行して準備しましょう

住宅資金も同じように考えてみましょう。価格帯はいくらくらいの住宅を購入するのか?
その場合の必要な頭金は?など、大まかにでも必要金額を把握するようにしましょう。
積立投資はある一定の金額に達すれば、一部引落としができます。引落分を教育費に充当し
継続して積立投資を行なっていけば、住宅購入の頭金を捻出することができるでしょう。

ですので、何年間、どのくらいの金額を積立てていけばいいのか、最初に計画する必要があります。
海外積立投資は、シミューレーションで「XX年後に利回り◎%」と設定して、受取金額を
事前に確認することが出来ます。現在の収入とそれを参考にしながら決めていけばいいでしょう。

最後に老後の資金を。

そして、最後に出てくるのが老後の資金。
こちらのブログも参考にしてみてください。

老後のお金、大丈夫ですか?



今の生活費用がどのくらいなのか?
年金はいつから、いくらくらいもらえるのか?(受給年齢で異なりますからね)
いつまで働きたいのか?などなど 今後の状況と数字を挙げながら、必要金額を計算しましょう。
そうすれば投資で作らなければならない金額が明らかになってくるでしょう。

まとめ

このように
 1.現在のフィナンシャルの状況、キャッシュフローを確認。
 2.将来のフィナンシャルプランを立てる。
 3.1、2により投資でいつまでに、いくら必要なのかを明らかにする

ということで、投資する目的や必要金額をクリアーにできるのです。
そのサポートを弊社では無料でお手伝いします。この機会に考えてみてはいかがでしょうか。
お問合せはこちらから。