投資を始めてみたが、大損した、失敗した、そういう話を聞くことがあります。
投資を始めると聞いて、どんな投資をイメージしますか?
もしかしたら皆さんの中には、すでに株で投資を始め、損をしている人もいるのではないでしょうか。

株式投資で失敗

個人的な感想ですが、あまり投資の勉強をせずに、株への投資を始める人は
大きく儲けたいと考える人が多いように見えます。
特に定年退職し、退職金をつぎ込み、そして損をする、こういうケースがよくあります。
実はここに投資で失敗する人の特徴と共通する部分があるのです。

投資で失敗する人の特徴

1.投資をする明確な目標、理由がない

どんな投資でも目標金額や投資時期を決めることが大切です。そうでないと
どんな投資をしたいのかが決められません。
もちろん儲けたい、損をしたくないというのは
誰でも考えますが

  どれくらいのお金をいつまでに作るのか

これが明確でないと運用方法も決められません。
積極型運用をする場合もあるでしょうし、あるいは安定型運用をするかもしれません。
ここから逆算して、利回り何パーセントぐらい必要なのかをチェックします。
明確な目標がないと、儲かりそうなものに安易に飛びついて、短期的にリターンを求め
結局失敗してしまうのです。

2.生活資金をつぎ込む

投資は余裕資金でするのが前提です。

生活資金をつぎ込み、一発を狙う」

そんなうまい話はないと思ったほうがいいでしょう。投資で野球のような満塁ホームランは
滅多にないのです。これではギャンブルと何も変わりません。
投資は生活資金から出た余剰資金で行うようにしましょう。
投資に対する心の余裕が異なってきます。

3.一発勝負にかける

2の部分にも共通しますが、投資で一発勝負にかけるというのは非常にリスクが大きいのです。

「短期間で大きなリターンを求める」

株式投資でこの考えを持っている人は多いのではないでしょうか。
当たればいいのですが、おそらく外れるケースの方が多いでしょう。
結局、投資した資金の大半を失くすことにつながってしまいます。


失敗しないようにするには?

では失敗しないようにするには、どうすればいいのでしょうか。
もちろん上に述べたことと反対のことをすればいいのですが、簡単にまとめてみました。

1.投資についてきちんと学ぶ

これをしていない人、以外と多いのです。大学受験でも仕事でも、分からないものはまず学ぶ
勉強することから
始めると思いますが、投資の場合、儲かるからという理由だけで
簡単に始める人が少なくありません。
いろいろな情報を得ながら、自分で投資の知識を蓄積していきましょう。

株式投資は投資の中でも一番難しい投資になります。
なぜならかなりの知識が必要になるから。つまり株で勝つには、かなりの勉強をしないといけません。

そこを分からずに、株に投資をするから負けてしまうといっても過言ではありません。
その覚悟があればいいのですが、もっと簡単に投資をしたいと考えるのであれば
株には安易に手を出すべきではないでしょう。

2.余裕資金で始める

はい、これは文字通りです。
余裕のない生活資金ではじめてしまうと、どうしても一発勝負になりがち。
投資は生活資金以外の余裕資金で始めましょう。

3.分散投資をする

分散投資はリスクを軽減するために適した方法です。
分散投資については、こちらのブログにも書きましたので、読んでみてください。

今さら聞けない基礎知識 分散投資とは?通貨篇

今さら聞けない基礎知識 分散投資とは?ファンド篇



分散する対象は、通貨、投資商品(ファンド)、時間が当てはまります。
投資を分散させることを意識しましょう。

4.タイミングをずらす

投資の基本は安い価格で買って、高い価格で売る、しかしこのタイミングを
見つけることは非常に難しいです。
しかしドルコスト平均法を使えば、あまりこだわることなく投資をすることが可能です。
ドルコスト平均法はこちらから

まとめ

投資にはリスクが伴います。しかし大きなリターンを短期間で得ようとすると
どうしても無理が出てくる場合があります。

これから投資を始めたい、投資のことをもっと知りたい・・・

お気軽にこちらまでご相談ください。