新型コロナウイルス感染拡大は、収束したのかしていないのか、PCR検査数との関係もあり、定かではありませんが、日本だけでなく、世界中で、人類は、この新型ウイルスとの「共存」を受け入れ、慣れ始めようとしているような雰囲気が高まっている気がします。

ウィズコロナ、アフターコロナ。この言葉からもわかるように、新型コロナウイルスは、私たちの生活を劇的に変え、この先も当分影響を与え続けるでしょう。だからこそ、この新型コロナと上手く付き合いながら生活をしていく必要があり、上手く付き合っていきたいと思いますよね。

それでは、お金との付き合い方は、どのように変わっていくのでしょうか。

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済は、これからどんどん進むと思います。現金の受け渡しによる感染を避けることができるキャッシュレス決済。日本やタイは、キャッシュレス決済が欧米諸国に比べてかなり遅れていましたが、今後急速に進むと思います。実際、細かいコインをレジで出す必要もなく、とても便利ですよね。ポイントを貯められるというメリットもあります。

銀行のオンライン化

コロナに関わらず、銀行はデジタル化を進めていましたが、これも急速に進んでいくでしょう。今、通帳を持つ人は激減、デジタル通帳やアプリを利用する傾向にあります。

外出自粛時でも、ネット銀行や各銀行のダイレクト口座があれば、窓口に出向くことなく振込や残高確認をすることができます。現金が必要なときも、各銀行でATMの共有化が進み、コンビニでも下せることから、銀行の店舗まで出向いて入出金する機会は減ることでしょう。

納税も証券も、オンライン化していきます。ウィズコロナにおいても、その傾向は変わることなく、むしろ当たり前になっていくでしょう。オンラインでの操作が苦手、セキュリティの課題も、どんどん対策が取られていくはずです。

それでも家計の基本は変わらない

それでは、家計はどうでしょう。

自粛生活中は、お金を使う機会が減り、結果として貯金が増えた家庭は多いようです。そういった貯金は、できれば有効に使いたいですよね。資産運用に回すのもよし、コロナが落ち着いたら家族で旅行に行くのもよし。どちらもお金の使い方としては良いと思います。

今後は、買い物するのが実店舗ではなく、ネットスーパーのように宅配中心になる可能性はあるかもしれません。今まで安かったものが高くなり、高かったものが安くなるかもしれません。

しかし、生活に必要なものは自体は大きく変わらないので、家計管理の基本も変わらないですよ、とセミナーではお話しています。必要なものを買い、必要ではないものは買わない、という基本を守ること。後は、目標を決めて資産を増やしていくことです。

アフターコロナの家計管理、というテーマで定期的にセミナー(無料)を開催しています。是非お問合せください。