今日は前回の続きです。銀行などの窓口で勧められたものをそのまま購入すると痛い目を見る?という
話をしました。
なので、直接海外投資するのがベターですよという話でした。
これまで何回かお話している「直接海外投資をする」ということ。

日本の金融機関からも外国籍投信が販売されていますが、当然ながら海外への直接投資とは
大きく異なります。

今回はまとめの意味で、それぞれのメリット、デメリットを比較してみましょう。

国内投資

メリット
・日本語での対応可能。
・馴染みのある銀行や証券会社を通しての運用なので安心感がある
・円建て投資の場合、為替リスクがない。
・契約型投信の日次取引ファンドが主流で、流動性が高く、一括投資でも少額(約一万円)からの
投資が可能

デメリット
・低いリターンと少ない選択肢
・海外株式や海外債券へ投資をしている投資信託であっても、円建てが多く、非効率。
※円建てだと運用時に外貨に両替をしている。


海外投資

メリット
・日本の運用商品に比べても、高いリターンが期待できる商品が多い
・運用商品の種類が多く、選択肢も様々
・投資先も先進国から新興国まで様々あり、本当の意味での分散投資が可能。
・ファンドの多くがオフショア(租税回避地)に登記されているため、税金の繰り延べし利益を
そのまま再投資した複利効果が
期待できる。

デメリット
・英語のやり取りが必要。
・遠く離れた海外での運用なので、不安がある。
・解約時、円に戻す際に為替差損の可能性。
・利益確定した場合、登記地での源泉徴収はないので、自分自身で確定申告をする必要がある。
・一括投資の場合、ファンドによって異なるが、ある程度まとまった金額(約100万円以上)が必要。

このように投資をするにも、利益以外の様々なメリット、デメリットが存在します。
これらを理解しながら、投資について考えてみてください。
ご質問などございましたら、こちらまで。