新型コロナウイルスCovid-19があっという間に世界中に広がり、各国政府はその対応に追われています。街ではあちこちで買占めが起こり、物資が足りるのか不安な日々を過ごす方も多いでしょう。ここで、意外と忘れがちなのが、「保険」。新型

コロナウイルスによって被った被害を補償してくれる保険はあるのでしょうか?

例えば、「旅行保険」。これは多くの方が加入する馴染みのある保険ですね。旅行保険は、「世界保健機関(WHO)がパンデミックを宣言したウイルスもしくは疾病については、保険の補償対象外とする」という文言が明記されているケースがほとんどです。つまり、旅行者が、旅行中にウイルスに感染したり、疾病にかかったりした場合、その費用は補償されません。

健康保険や生命保険の場合はどうでしょうか。

健康保険や生命保険では、これらのケースは補償されることが多いでしょう。例えば、コロナウイルス感染により死亡した場合には、死亡保険金が支払われるケースが多いようです。病院にかかったときは、健康保険の補償対象となっていることも
多いようです。まずは、契約書を確認しましょう。

コロナウイルスに感染した場合の治療法はまだ見つかっていませんが、患者は、可能な治療や、救急治療、集中治療室での治療等を受けることになります。これらの費用がカバーされないと、特に海外にいる方は大変ですよね。

海外赴任で海外に滞在されている方は、加入している保険の内容について再度確認することをお勧めします。注意しなければならないのは、「期間」。保険によっては、数か月以上の治療を要した場合に補償の対象となる、とされていることがあります。これですと、1週間程度の短期の治療は補償の対象となりません。

この機に、もう一度ご自身の保険を確認しましょう。

そして、現在入っている保険では不足している補償については、新たな保険に加入することを検討する必要があるでしょう。日本ウェルスでは、個々の状況に合わせて加入できる保険を取り揃えております。是非お問合せください。