新型コロナウイルスの世界的流行で、どの国でもステイホーム、人が密集しているところを避 ける、という状況になっていますね。これにより、私たちの行動パターンは大きく変わり、旅 行や外食する機会が大きく減ったことにより、支出が減り貯金が自然と増えた方も多くいらっ しゃるようです。この貯まったお金を是非有効活用しませんか。

コロナを機に支出を見直す

貯金するために大切なのは、自分の支出を見直すこと。コロナの影響で減った支出について、何への支出がどれくらい減ったのか書き出してみましょう。否応なしに減った支出であっても 、減ったものは減ったもの。例えば、外食の機会が減って、その分の支出が浮いたなら、その 支出がどれくらい自分のために大切だったのか考えてみましょう。中には、外食できなくなっ
たことがストレスで仕方がない方もいらっしゃるでしょう。しかし、お付き合いで渋々参加し ていたようなものは、減ったとしても特に問題はない、どころか、自分の時間も増え、無駄な 出費も減り、いいことづくめかもしれません。

コロナの前と今とで、支出額の変化を見て、減った今でも問題ないと思えるなら、それは今ま で無駄遣いしていたということになりますね。実際、家計を見直してみましょうといっても、 本当に無駄なのかどうなのか自分でもわからない方が実は意外と多くいらっしゃいますが、コ ロナのおかげで、無駄に気付くということが簡単にできるようになったともいえます。

支出を減らし、安定して継続すること

貯金をするために必要なことは実はとても簡単です。収入を増やすこと、または、支出を減ら すこと。このどちらかしかありません。そして、それを継続することです。3か月頑張ったか らいいや、というのではあまり意味がありません。まとまった貯金をするためには、コツコツ と継続して貯めていくことが大切です。大きな金額を数か月貯めるより、少ない金額をコツコ
ツ長い間する方がはるかに大切です。

コロナで気付くことができた「無駄な出費」を今後も今と同水準程度にキープするようにしま しょう。そうすることで、安定的に貯金のためのお金を用意することができます。コロナ禍の 生活を維持しましょうというわけではありません。コロナ禍のおかげで、今までの無駄な出費 に気付き、その出費を継続的に抑えていきましょう。

毎月コツコツと貯金することも大切ですが、単に銀行などに貯金するだけでなく、効率的に増 やしていくために、積立投資などの方法も検討しましょう。

まずは弊社の無料コンサルティングにお越しください。