タックスヘイブンとは

海外には様々な場所にタックスヘイブンと呼ばれる「租税回避地」が存在します。国によってどのレベルをタックスヘイブンと定めるかは基準が異なりますが、現地の法人税率が 0%〜20%程度までの国や地域をタックスヘイブンと定めている国が大半です。

投資家に納税義務はある

海外投資をされている投資家の方々がよく間違った認識を持たれている例が、タックスヘイブンに投資をしていると投資家も税金を払わなくていいと勘違いしているケースです。海外投資であっても国内投資であっても、投資家は納税義務のある国の税制に基づいて税金を納めなくてはなりません。タックスヘイブンではあくまで、その現地に登記のある法人が法人税を優遇されてはいますが非居住者はその対象ではないからです。しかし、現地で多くの税金を支払う必要のない多くの海外投資専門の会社は、その多くの利益を顧客や顧客サービスの為に還元することが出来るので間接的に投資家はそのメリットを享受する事ができるのです。