今では日本の証券会社でも海外投資のメニューを揃えているので、以前よりはるかに海外投資にアクセスしやすくなってはいるものの、オフショア投資や海外積立投資などは未だ少ないのが現実です。海外投資をするにあたり、言葉の問題が生じます。以前は海外の証券会社に対し、英語を使い自分で手続きをしなければいけませんでしたが、今は日本の証券会社を通じて海外投資ができるようになりました。ただ、日本の証券会社の手数料は非常に高く、せっかく高い利回りが期待できる海外投資でも、手数料で相殺されて利益が目減りしてしまいます。
日本の証券会社は、海外投資商品を日本語にします。また、証券会社で働く人は、高学歴のエリートばかりで人件費がかさみます。大規模な広告にも費用を費やします。そのため手数料が高額 になります。必要最小限のサポートで、手数料を押さえて、海外の魅力的な商品を買えることができたら素晴らしいことだと思いませんか。