投資における約束事とは?

『十戒』という映画をご存知でしょうか。かなり古い映画となりますが、モーセの十戒を基にして
作られたハリウッド映画です。もちろんリアルタイムでは観ていませんので(笑)DVDなどで
観たのですが、この映画のテーマは神から伝えられた10の約束を守らないといけないという話でした。

私たちの日常生活にもこのような約束事がそれぞれあるのではないでしょうか。
例えば夜9時以降は絶対に食べない(笑)子供に対してはゲームは1日1時間まで・・・など
様々な約束事です。

投資の世界にも同様に戒めというか約束事があります。いろいろな意見があるかと思いますが
海外投資で重要な約束を挙げてみましょう。

① 自分でリサーチし、自分の知識を深めること
もちろん個人のリサーチに限界はあるのですが、ただ闇雲に人から聞いた情報だけで
判断してはいけません。いろいろ調べていくうちに、自分には何がよくて何が向いているのか
判断できるように知識をつけていくことが重要です。

② 収入と貯金を見直し、目標を設定すること
現在の自分の収入と貯金、そしてもろもろの資産状況を確認しましょう。間違っても
借金をしてまで投資をしようという考えは持たないほうがいいでしょう。

③ 自分はどれくらいのリスクが取れるのかを考えること
高いリターンには、大きなリスクも伴います。現在のご自身の状況でどこまでのリスクを取れるのか
判断することです。投機=ギャンブルになってはいけません。

④ バランスよく投資すること
これは分散投資の1つ。1つのものに全てを入れるのではなく
分散してリスクを避けることが大事です。

⑤ 自分に合ったポートフォリオを組むこと
いつごろ、どれだけのお金が必要で、そしてどれだけのリスクを取れるのか
これを明確にした上で、投資するものを決めていくことが大事です。

⑥ 投資先は知的に賢く選ぶこと(気まぐれでするな)
感情だけに頼ってはいけません。自分に合った投資が何なのかをきちんと判断して
投資先を選びましょう。

⑦ リスクが発生したときの防御策を考えよ
このための分散投資であり、バランス、ポートフォリオです。1つだけのものに投資することは
リスクが伴います。投資で大事なことは、大きな利益を出すことよりもリスクを低減させることです。

⑧ 投資を管理するための時間を管理せよ
実際に投資をすれば、プロに任せることになりますが、定期的に自分の目で運用成績を
確認することも重要です。

⑨ 信頼できるファイナンシャルアドバイザーを持つこと
金融会社のセールスマンではなりえませんから注意してください。セールスマンは自分の会社の商品を売り込むことを重視します。それが必ずしも自分の投資にプラスになるとは限らないからです。
IFAは中立の立場で、投資に関しての提案をします。複数のIFAに聞いてみて、どれが自分の目指す
投資に合っているのか比較するのもいいでしょう。

いかがでしょうか。これらの約束事を忘れずに、投資、資産運用に取り組んでみましょう。
ご質問などはこちらから。