海外投資の始め方

20代30代の女性のための資産運用③

20代30代の女性のための投資3回目のブログです。投資にも様々な方法やリスクがあります。自分の目的に合わせて選ぶことが大切です。自分に合った投資は何なのか?ここで改めて考えてみましょう。

20代30代の女性のための資産運用②

20代30代の女性の投資について再度考えてみましょう。

20代30代の女性のための資産運用①

20代30代の女性が始める資産運用について考えてみましょう。

弊社CEOリチャード・ケインが語る。お子様のお金にまつわる教育

日本人にはなじみが薄いかもしれませんが、欧米では子供の頃からお金について学校で学んでいます。 弊社CEOリチャード・ケインがお金の教育について語っています。

海外投資のメリット、よく聞くドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法は海外投資の大きなメリットです。なぜなら時間だけでなく、外貨での投資も出来るので、外貨投資の場合の大きな武器となります。

海外投資をどのように選ぶか?

海外投資といえば、世界には、たくさんの高利回り投資商品があります。リーマンショックの影響さえも乗り越え、儲けを出しているものもあります。そのような一流のヘッジファンドへの投資は、初期投資費用が1億円からといったものも多く、敷居が高いと思われてきました。しかし最近は、数約万円程度から始められるものもあり、優秀なヘッジファンドの恩恵を受けることが可能となってきました。なぜできるかというと、複数のヘッジファンドに投資するファンドが存在するからです。このような商品は、日本の証券会社や外資系金融会社からは紹介してもらえません。でも一度海外に目を向ければ、もはやヘッジファンドは超富裕層向けに限られたものではないのです。オフショア投資をメインとし、多数の商品を扱う独立系コンサルティング会社として、お客様が細かいニーズと目的に合わせた商品を選ぶお手伝いをいたします。

海外投資、オフショア投資の勧め

低金利時代こそオフショア投資 近年日本においてもようやく終身雇用制度というものが無くなりつつあります。現在のコア労働者世代では転職が当然のように行われるようになり、黙って40年働いて退職金をもらうような事は無くなりました。それに伴い、それまでただ銀行に眠らせていたお金を運用へ回す人が非常に増えて来ています。昭和40年〜 50年代に見られた様な、定期預金7%〜9%のような夢の時代はとっくに過ぎ去り、今は大手都市銀行の大口定期預金に預け入れても年率0.05%程度の僅かな金利しか生み出しません。金融リテラシーがなかなか浸透しない日本社会においては、銀行や証券会社で販売されている投資運用商品はどれも特異性に欠け、海外で運用されている様々な投資信託、ヘッジファンド、デリバティブ、先物などと比較すると魅力に乏しいのが現状です。外為法改正後、多くの日本人投資家が海外投資に目を向け始めた背景には、勿論その多様性に富んだ運用手法がオフショア投資にはある事がありますが、国際分散投資の一環として海外資産運用を始める人が増えたのだと考えられます。

第10回 海外投資のススメ③

オフショアには色んな誤解があるようです。きちんと知らないと、なんだか恐いとか、怪しいとか思ってしまいます。 世界には、海外から人と法人と外貨を誘致しようと、投資や法人に対する税金がかからない国があり、それらをオフショアとかタックスヘイブン(租税回避地)といいます。よく誤解されるのは、そこに「住んでいる」人や法人が非課税になるのであって、オフショアへの投資金が非課税になるのではありません。日本に住んでいれば投資の利益について、日本に税金を納めなければいけません。 でも、なぜオフショアへの投資に注目が集まっているのでしょうか。それは、オフショアでは、投資によって得たお金はもちろん、法人税、所得税等に課税されません。投資信託は通常、複数の投資信託に分散投資されています。増えたら次、増えたらまた次というように投資を繰り返してお金が増えていきます。そうやって、100万円の投資金が200万円になったとき、日本では課税されます。例えば40%課税されたとしたら、次に投資する際は120万円が元金になります。一方、オフショアでは課税されないので、次に投資するときは200万円がそのまま元金になります。こうすることにより、高いリターンが期待できるのです。

第9回 海外投資のススメ②

でも、やはり海外投資は不安ですよね。でも、きちんとデメリットを知り、安全なファンドに投資すれば恐くありません。 デメリットとして、元本保障型の海外投資信託は、10年~20年程度と運用期間が長く、一定期間経過すれば出入金や解約も可能になりますが、最初の一定期間は自由にお金を出したり入れたりできないことです。 次に、海外投資信託は基本的に外貨建てで運用されているため、円高になると、為替で損をすることがあります。しかし、日本は今後確実に人口が減少します。そうすれば、需要が縮小し、経済が縮小し、これは長期的にみれば円安を招くことを意味しますから、このデメリットについてはあまりセンシティブにならなくてもいいかもしれません。 一番恐いのが詐欺ではないでしょうか。確かに怪しい投資信託もたくさんあります。遠い国で本当に投資しているのかわかりません。日本語でやりとりできないことが多いので、コミュニケーションもうまく取れません。 そんなときはやはりプロにお任せするのがいいと思います。

第8回 海外投資のススメ①

海外投資のメリットは、まず手数料が安いということです。さらに、その投資信託が、オフショアと呼ばれる税制が優遇されている地域に籍があれば、運用期間中は税金がかからないという節税効果も期待できます。 次に、日本と比べて、投資信託の数が圧倒的に多く、その運用方法も豊富です。何に投資しているファンドなのかも自分の好きなものを選べますし、ローリスクローリーターンなものがいいとか、ハイリスクでもハイリターンのものがいいとか、何年で何%くらい増えたらいいなとか、一人ひとりのライフプラン、マネープランに合った投資方法をきめ細かく選べるということです。また、日本の金融機関よりはるかに格付けの高い、つまり、信頼度の高い世界の金融機関が運用しているものもたくさんあります。そういった金融機関には、世界中のトップクラスの人材が集まっており、そういった金融のプロが運用するため、日本の投資信託より安全であり、よりローリスク、ローリターン、高い利回りが期待できるといえるでしょう。 また、外貨で資産が持てるため、日本円の価値が下落しても、その他の外貨が上がっていればいいので、リスクを軽減できます。日本の財政が破綻して預金封鎖されても、海外の資産は封鎖されないので、その点でも安心です。

海外投資ブログ - 最新情報

50代からの資産運用

50代となると、そろそろ定年退職や、セカンドライフをどうしようかな、など考え始める方が多いのではないでしょうか。今後、定年退職の年齢が引き上げられていく見通しではあり、すでに引き上げられている会社もありますが、やはり、セカンドライフの計画を立てるのは、早ければ早い方が良いに違いありません。 また、現在のところでは、一般的なサラリーマンの場合は、50代の給料が一番高い場合が多く、今後の生活コストを改めて検討し直すと良い時期でもあります。 50代のおカネ事情 50代の方々の、平均年収や貯金額、生活費はどうなっているのか気になりますよね。年収は、大企業の方が中小企業よりも高い傾向があり、生活費は都市部の方が高額になるという傾向がありますが、厚生労働省の統計によると、50代の平均月収は約30万円程度となっています。 50代前半までは、年を重ねるごとに年収がアップしていき、50代後半からは逆に下がっていくという傾向も見られます。50代に入って、年収が上がってきても、いずれ下がっていくこと、また、再雇用制度を利用して会社に残っても、年収はぐっと下がることが多い傾向にあります。ですから、50代は、今後の家計や資産運用計画を練っていく必要があるんです。 理想のセカンドライフを送るために 日本FP協会が行った50代の給与所得者を対象とした意識調査によると、退職後にしたいことの第一位は、男女ともに「趣味や興味関心のあること」となっています。多くの人が、セカンドライフは今まで存分にできなかった趣味や好きなことをしてゆったり過ごしていきたいと思っていることがわかります。 現在の50代といえば、それこそブラック企業という名前さえもなかった時代に、ブラックな労働環境の中、文句も言わずに一生懸命に働いてきた世代です。だからこそ、仕事に追われ、長年我慢してきた自分の趣味ややりたかった好きなことに、どんどん時間を使って、楽しく充実したセカンドライフを過ごしていただきたいですよね。 不安は? 他方、50代の給与所得者はどんなことに不安を感じているのかというと、トップ3は、老後の生活費、健康、年金となっています。健康とお金のふたつに集約されますね。 健康でいることは、最大の節約となります。病気やケガをすれば、治療費や介護費がかさみますし、収入を得ている仕事があるのなら、その収入源さえ失う可能性があります。こうなった場合の損失はとても大きいです。 退職してから健康な生活をしようと思っても、ジムやエステに通ったり、健康食品を購入して続けようとすれば、お金がかかりますよね。 こういった不安を持たずに老後を過ごすためには、やはり早くから資産運用を始めることが最も大切です。 何もしてなくて焦っている50代の方 早くから資産運用を始めていればよかった!と心から後悔している50代の方も多くいらっしゃるでしょう。50代の半数は、貯金が100万円未満というデータもあります。 焦ってはいるけれど、今さらあがいても無駄でしょう、と思うのではなく、今からでもできることをやっていくことが大切です。何もしないよりも何かした方が良いに決まっていますよね。 今50歳として、60歳で定年退職したいとしても、まだ10年もあります。10年ひとむかし、という言葉があるくらい、10年というのは意外と長いもので、50歳から始めても十分なリターンが期待できる資産運用方法もあります。 ただし、50代は、今後の収入は下がっていく傾向にありますから、リスクは低めに設定することを徹底しています。ハイリターンを狙うには、高いリスクを負わなければならないことが多いので、50代からの資産運用は、低リスクでも確実にリターンを狙えるものに投資していくことをお勧めしています。 例え貯金がゼロで、収入も少なくても、その状況を今よりよくする方法は必ず見つかるものです。弊社では、そのようなお客様の相談を数多く受けてきました。お客様個々のご事情を聞き、家計を一緒に見直し、お客様が可能な資産運用方法をお探しすることが私たちの最も得意とするところ。 是非、諦めないで弊社の無料コンサルティングにお越しください。