海外投資のメリットは、まず手数料が安いということです。さらに、その投資信託が、オフショアと呼ばれる税制が優遇されている地域に籍があれば、運用期間中は税金がかからないという節税効果も期待できます。

次に、日本と比べて、投資信託の数が圧倒的に多く、その運用方法も豊富です。何に投資しているファンドなのかも自分の好きなものを選べますし、ローリスクローリーターンなものがいいとか、ハイリスクでもハイリターンのものがいいとか、何年で何%くらい増えたらいいなとか、一人ひとりのライフプラン、マネープランに合った投資方法をきめ細かく選べるということです。また、日本の金融機関よりはるかに格付けの高い、つまり、信頼度の高い世界の金融機関が運用しているものもたくさんあります。そういった金融機関には、世界中のトップクラスの人材が集まっており、そういった金融のプロが運用するため、日本の投資信託より安全であり、よりローリスク、ローリターン、高い利回りが期待できるといえるでしょう。

また、外貨で資産が持てるため、日本円の価値が下落しても、その他の外貨が上がっていればいいので、リスクを軽減できます。日本の財政が破綻して預金封鎖されても、海外の資産は封鎖されないので、その点でも安心です。