趣味にだってお金が必要なことを忘れない。

老後の資金にはいくら必要なのでしょうか。総務省によると、老後の生活費は、毎月24.5万円(年294万円)、夫婦で90歳まで生きるとすれば、7,350万円が必要となります。
ただし、これは、娯楽にかける費用を最低限に抑えた金額で、老後にしたいことランキングの上位に上がってくるような旅行、趣味、習い事に十分なお金をかけるとすると、毎月34万円(年408万円)くらい必要といわれています。

平均的なサラリーマンが1年間に受け取る厚生年金は、約194万円とされていますので、夫と専業主婦(いずれも65歳)のケースを考えると、4,850万円の年金を受け取ることができ、2,500万円を貯蓄しておかなければならないことになります。

ただし、これはあくまで平均的なケースを仮定しただけであり、妻の年金受給額によっても変わって来ますし、世帯収入が100万円だった人と、40万円だった人では用意すべき費用も異なってくるでしょう。

大切なのは、どんな老後を送りたいのか、そしてそれにはいくらお金が必要なのかを考えることです。忘れがちなのは、趣味にもお金がかかるということです。どんな頻度でどんなことをしたいのか、リタイア後の夢の生活を考えてみてはいかがでしょう。